補助金、助成金について説明しています。そもそも補助金とは何か? ご確認ください。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 補助金・助成金について > 助成金・補助金の疑問点にお答えします

助成金・補助金の疑問点にお答えします

助成金・補助金とは国から支給される、返済不要の資金のこと。
「採択されるのは難しいんでしょ?」、「うちの会社に当てはまる助成金・補助金なんてあるの?」、「規模が大きい会社でないともらえない」などと考えている人もいます。
助成金・補助金は業種問わず、どんな会社でも受け取れます。
もちろん、中小企業を支援するためのものも多くありますし、創業時に受け取れるものもあります。
ここでは、そんな助成金・補助金について学んでいきましょう。

助成金・補助金ってそもそも何?

助成金とは、国が定めた条件をクリアした会社に支給される返済不要のお金のこと。
いつか国や銀行に返済しなくてはならない融資と異なり、もらえるというのがキーポイントです。
補助金も同意ですが、なかには返済義務がある補助金もありますので、注意してください。
国は補助金・助成金を支給することで、雇用や起業、販促などを支援し、日本の経済活性化を狙っています。
もし上記の内容について考えており、資金不足に悩んでいましたら、助成金・補助金を申請するのも有効な手段です。

助成金・補助金のメリット

返済する必要なし

最大のメリットは原則、返済不要ということ。
助成金・補助金は、融資と違って返す必要がありません。
利益が出るようになったら返さなくてはならない融資と異なり、事業が軌道に乗ったあとも、借り入れに苦しむことなく事業運営を続けることができます。
返済義務がない分リスクが低いです。

売り上げでなく雑収入としてカウントされる

助成金・補助金は、売り上げでなく雑収入となります。
そのため、使い道を自由に決められます。
通常であれば、売り上げから費用を差し引いた額を純利益として処理しなくてはなりません。
また、助成金は利益としてカウントされるため、例えば経常利益率が10%の会社とすると、受け取った助成金が50万円でしたら、これは500万円の売り上げに匹敵します。

公的融資を受けやすくなる

助成金・補助金を受け取るためには、労務環境を整備しなくてはなりません。
助成金・補助金を受給すると、国が労務環境が整備された会社だと認めたことになり、公的融資が受けやすくなるという好循環が発生します。
ですが、助成金のためではなく、労使トラブル発生を未然に防ぐため整備するという意識を忘れないようにしてください。

助成金・補助金でお困りならぜひ「東京税経センター」にお任せください

助成金・補助金には大きなメリットがあります。
助成金・補助金は、起業家・事業主にとってはぜひとも抑えておきたいポイントです。
「手続きが難しそう」、「申請書の書き方が分からない」、「どの助成金・補助金に申請するべきか迷っている」という方は東京税経センターにお問合せください。
誰もが使える制度ですから、利用しない手はありません。
自社にぴったりの助成金・補助金情報を集めて、ぜひ有効活用してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.