相続人には遺産を相続する順位が存在します。立場によって変わるので解説します。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 相続人の順位と範囲に関してわかりやすく解説します

相続人に順位があるって知っていましたか?

相続人がどういうものなのか理解できず、遺産相続の順位がわからないと困っている人もいるかと思います。
ここでは、法定相続人の範囲や順位について紹介します。
民法で定められているので、しっかり学びましょう。

順位が明確になる法定相続人

法定相続人とは

法定相続人とは、遺産を受け取れる可能性がある人のこと。これは民法で定められています。
法定相続人には、その立場によって遺産を受けとることができる順位が決められています。
遺言書がある場合、法定相続人以外の人へ相続するという指定があると、法定相続人でなくても相続人の権利が与えられることになります。
遺言書がない場合は、法定相続人が遺産を相続することになります。

法定相続人の調べ方

誰が法定相続人となるのかは、死亡した人(被相続人)の戸籍謄本を取り寄せて調べる必要があります。
被相続人が転籍をしていたりすると、それだけ時間がかかります。
相続の順位に関わるものですので、しっかりと調べておきましょう。

ここが知りたい! 相続人の順位

配偶者は必ず相続人となる

亡くなった人(被相続人)に夫や妻(配偶者)と子どもがいる場合は、配偶者と子が相続人となります。
配偶者は必ず相続人となります。
配偶者がすでに死亡したり、被相続人の生前に離婚をした場合は、子がすべての遺産を相続することになります。

法定相続人2位:子ども

被相続人の子どもがもし死亡していた場合は、孫が相続人となります。
胎児も生きて生まれてくれば相続人になり、婚姻関係のない子どもも認知を受けていれば相続人になります。
もちろん被相続人に養子がいれば養子も相続人になります。

法定相続人3位:父母・祖父母

配偶者や子どもがいない被相続人の遺産は、父母や祖父母が相続人になります。
実父母、養父母も相続人になるので覚えておきましょう。
順番的に父母が死亡している場合は、祖父母が相続人となります。

法定相続人4位:兄弟姉妹

配偶者、子ども、両親、祖父母もいない場合……これは被相続人の兄弟や姉妹が相続人になる権利が与えられます。
被相続人より先に兄弟や姉妹が亡くなってしまっている場合は、その子どもが相続人になります。
被相続人からすれば姪っ子や甥っ子ですね。

イレギュラーなケース〜こんなときどうすれば良い?〜

相続人が2名以上いた場合

相続人が2名以上いた場合
もちろん法定相続人は1人とは限りません。
2名以上いる場合は、それぞれの配分が決められています。
被相続人の遺産は相続の順位によってわけることになり、割合が決められているのです。
これを法定相続分といいます。
ちなみに遺言書で相続分の割合指定を行っている場合は、指定相続分と呼びます。
法定相続分は必ずしも分割する必要はありません。
遺産分割協議で相続人全員が納得していれば全部の遺産を配偶者が譲り受けることだってできるのです。

配分(法定相続分)と順位別の相続分
必ずしも法定相続分を分割する必要はありませんが、基準として下記を参考にしてください。

配偶者のみ……相続財産すべてを受け継ぐ

子のみ……相続財産すべてを受け継ぐ

父母・祖父母のみ……同順位が複数いる場合は、頭割りする

兄弟姉妹のみ……異父母兄弟の法定相続分は、全血兄弟の1/2

配偶者と子の場合……配偶者1/2、子1/2
子が2人いる場合……配偶者:1/2、子A・B1/4

配偶者と父母・祖父母の場合 ……配偶者2/3、直系尊属1/3
父母・祖父母が複数いる場合……1/3を頭割りする

配偶者と兄弟姉妹……配偶者3/4、兄弟姉妹1/4
異父母兄弟の法定相続分は、全血兄弟の1/2

相続人の順位についてのQ&A

相続人の順位についての疑問・質問をお答えします

法定相続人、法定相続分、順位について理解したものの、わからないこともあるはずです。
よくある質問に答えていきましょう。

再婚した妻の連れ子は相続人になれる?

再婚した妻の連れ子は、残念ながら相続人になることはできません。
もし相続人にしたいのであれば養子縁組にして相続人としての権利を与える必要があります。

子が一切相続しないように相続分を勝ち取ることはできるのか?

被相続人に対して子が暴力を振るっていたり、屈辱的な言葉を浴びせたり……どうしても相続させたくないという場合は、相続人排除の申し立てをして、排除の審判をしてもらいます。
そうすることで、相続人の相続分を勝ち取ることができます。

代襲相続とは何ですか?

代襲相続とは、相続人となる予定であった子どもや兄弟が、相続開始時に死亡するなどして相続の権利を失効した場合、その者と変わって、その者の子どもが相続分を継承するという権利です。
このときに相続人となる予定だった者を被代襲者、子どもを代襲者と呼びます。
代襲相続できるのは直系の卑属と兄弟姉妹で、何代でも代襲が可能です。
しかし、兄弟姉妹は甥っ子・姪っ子までとされています。

相続人の順位は法で決められている

相続人と順位について解説しました。相続人については法で順位が定められており、通常はそれに習って遺産を相続することになります。しっかりとした知識を蓄えて協議などに参加しましょう。

相続についてお気軽にお問い合わせください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.