相続手続きを教えてほしい!相続の手続きのやさしい解説

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 相続手続きを教えてほしい!相続の手続きのやさしい解説

相続手続きは知識がないと大変なことに!

相続手続きって意外と簡単!? ……そんなことはありません。
数多くの手続きがあり、知識がないまま対応すると、後で「こんなに大変だったの!?」と後悔してしまうでしょう。
しっかりと勉強して対策をしておくことが大切です。

相続手続きの難しさと期限について

遺産相続手続きはやることがいっぱい!

中には「遺産相続の手続きなんて、遺族や親族が集まって話をすればすぐに解決する」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、死亡した後にやらなければいけないこと、葬儀をした後にやらなければいけないことなど手続きは山のようにあるのです。
経験したことがある人が1人でもいれば良いのですが、ほとんどの人が未経験です。
いざ手続きをしてみると「こんなに時間がかかるとは……」と後悔している人もいるくらいです。

手続きには期限があるので注意!

相続手続きには期限があります。
例えば、財産を相続するかどうかとういう判断は、相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内にしなければいけません。
死亡した日からカウントされるわけではないので注意してください。
もし、それらの手続きを忘れてしまい故人に借金などがあった場合、その借金をそのまま相続人が相続しなければならなくなるのです。

相続手続きでやらなければいけないこと

遺産相続手続きの流れ

死亡した後、葬儀を行った後にやらなければいけねい相続手続きの流れや期限を紹介します。
もちろんこの他にもやらなければいけない手続きはありますので注意してください。
法改正などもありますので、あくまで参考程度でご覧ください。

7日以内にしなければいけないこと:死亡届を提出

葬儀が終了したら死亡届を提出します。
死亡届は死亡の事実を知った7日以内(国外で死亡した場合は、事実を知ってから3ヶ月以内)に届けなければなりません。
死亡届を提出する人は代理人でもかまわないのですが、署名捺印するのは、親族、同居者、土地の管理人などとなります。

3ヶ月以内にしなければいけないこと:遺言書の確認

遺言書があるのか確認をしましょう。
「うちにはない」と思わず探してみてください。
そして見つけた場合は、勝手に開けずに弁護士などに依頼しましょう。

3ヶ月以内にしなければならないこと:相続人の調査

誰が相続人になるのかは法律で定められています。
個人の戸籍の転籍はないのか、あった場合は収集するだけでも時間がかかります。
亡くなった人の出生から死亡までの戸籍を集めてください。

3ヶ月以内にしなければならないこと:相続財産の調査

亡くなった人には一体どんな財産があるのか調査する必要があります。
預貯金(相続の開始を受けて、金融機関の口座がストップするので注意)なら分かりやすいのですが、不動産であれば固定資産税の納税通知書を確認したり、役場に行って不動産がないのか調べなければなりません。
もちろんプラスの財産だけではなく、マイナスの財産もあります。そちらの調査も怠らないようにしましょう。

3ヶ月以内にしなければならないこと:相続放棄

マイナスの財産がプラスの財産を上回った場合、相続放棄の手続きをすることで借金を背負わなくて良くなります。

相続手続き……それぞれの期限について

4ヶ月以内にしなければいけないこと:所得税の申告と納税

亡くなった年の1月1日〜当日までの所得を計算して税務署に申告・納税をしなければなりません。

10ヶ月にしなければないけないこと:遺産分割協議書の作成

相続人の間で誰がどれだけ遺産を相続するのかについて協議し、決まった内容を証拠として書面に残します。
もちろん記名・捺印が必要になります。

10ヶ月以内にしなければいけないこと:遺産の名義変更

すべての遺産の流れが決まったら、その内容通りに不動産の名義変更などをしていきます。
銀行口座、車、証券なども名義変更が必要です。

10ヶ月以内にしなければいけないこと:相続税の申告・納税

相続税がかかる場合は、申告と納税をしなければなりません。
少しでも減らすために、生前贈与をして節税するという手もあります。

相続手続きを円滑に進めるためのコツ

手続きをスムーズにするには?

いくら期限があるからといって、ギリギリにする必要はありません。
いくつかの手続きを同時進行で行い、早めに終わらした方がスムーズです。
まずはいつまでに何を終わらすのか、計画を立てて遂行するようにしましょう。
ほとんどの人が初めての体験でしょうから、行政書士や弁護士などに相談しても良いと思います。
知らなかったではすまされない相続手続きはたくさんあります。

相続手続きは難解! 難しければプロに相談を!

相続手続きは、やることがたくさんあって覚えきれないものです。
しっかりと覚える必要はありませんが、手続きをし忘れると大変なことになります。
不安であれば弁護士や税理士に相談しましょう!

相続税の手続きの代行なら専門家へご相談ください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.