生命保険は相続税対策として非常に有効な手段です。メリットを紹介します!

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 生命保険は相続税対策に有効?|相続税のやさしい解説

相続税対策に生命保険が注目されている理由を解説

相続税対策として今、生命保険の加入が注目されています。
なんと、生命保険を上手に活用すれば相続税を節税できるのです。
ここでは、生命保険の相続税対策について紹介しています。
果たしてどんなメリットがあるのでしょうか?

相続税対策には生命保険活用をオススメ! その理由とは?

生命保険は非課税枠の対象になる

生命保険は相続税対策として非常にメリットがあるものです。
生命保険の死亡保険は相続税の対象となります。
しかし、遺族にも生活があります。
そのために「500万円×法定相続人の数」だけ非課税枠が認められているのです。
現金の相続は、そのままの金額が相続税の評価額になります。
しかし、それを生命保険の死亡保険で受け取ると非課税枠分控除した金額に対して相続税が課されます。
よって現金で受け取るよりも税額が少なくなるのです。
現金を保有しているのであれば、相続税対策として現金を保険に変換しておくことをオススメします。
ここで例に表してみましょう。

亡くなった夫にかけていた生命保険3,000万円、妻、子ども4人
非課税枠の計算=500万円×5(妻、子ども4人)=2,500万円

上記の計算より、保険金3,000万円中2,500万円が非課税対象になる。

財産が分割しやすくなる

相続税対策として、現金を不動産にすることは大切です。
しかし、不動産と違い生命保険を用意をしておくことで、財産を分割しやすくなります。
ちなみに、相続人以外にも財産を渡すことができます。
ただし、相続人以外は非課税枠は適用されないので注意してください。

葬儀費用や納税資金など、まとまったお金を調達できる

被相続人が残した預金は、本人が死亡すれば口座は一旦凍結してしまいます。
よって家族であろうと簡単に引き出すことはできません(書類が必要になります)。
金融機関の預金は相続財産の扱いになってしまうのです……。
これに対して死亡保険は受取人が請求手続きをすれば、10日程度で指定の口座に支払われます。
葬儀費用や納税資金のために現金が必要ですが、これなら安心ですね。
「相続税が払えなくて困ったー」ということもなくなるのです。

相続税対策に生命保険を! どの保険が良いの?

相続税対策に生命保険を! どの保険が良いの?

貯蓄性のある終身保険が人気

相続税対策をするために生命保険に入るのならば、基本的に終身保険を利用することになるでしょう。
定期保険は保険の期間の終わりが決まっており、期間終了後に死亡した場合、保険金が支払われない可能性があるからです。
よって、終身保険は定期保険よりも割高になることも覚えておきましょう。

終身保険に入る際の注意点

相続税対策の終身保険は一時払いのものがベターです。
一時払いの終身保険は審査がそれほど厳しくなく容易に加入できるのが特徴です。
ただし、まとまったお金がない方には向きません。
また、時代によったときどきの運用環境に左右されますので注意してください。

生命保険に入ることができない場合も

生命保険は、いつでも誰でもどんなときでも入れるものではありません。
健康上の問題があれば生命保険の契約ができない場合もあります。
早い時期から相続税対策をとっているなら問題ないのかもしれませんが、あまりに年齢を重ねてから保険に入ろうとすると、そもそも健康を害している可能性もありますし、保険料も割高になります。
相続を意識する年齢で保険に入るのは遅いと認識するのが良いのかもしれません。

相続税対策に生命保険を活用する際に気をつけたいこと

生命保険で相続税対策をするときの注意点

生命保険で相続税対策をする際に気をつけなければならないことがあります。
相続対策での生命保険は上述したようにまとめて支払うことになります。
まとめ払いした保険料は一定期間をすぎれば解約しても100%戻ってくることがほとんどですが、条件によっては戻らない場合もあるのです。覚えておきましょう。

一時終身保険加入について

ここで、相続税対策としてオススメな一時終身保険のメリット・デメリットについて改めて紹介します。

一時終身保険加入のメリット

・加入審査(健康チェックなど)が甘い
・加入するための手続きが非常に簡単
・孫への贈与も可能
・加入後、払った保険料よりも解約金が高くなる場合もある

一時終身保険のデメリット

・保険会社が倒産した場合、払込金が戻ってこないケースも……
・早期に解約すると払込金を下回る可能性が……
・時代によって商品価値が下がる場合も……

一時終身保険のメリットとデメリットをしっかり鑑みて加入するのか考えましょう。

相続税対策に生命保険は有効だけど……

生命保険は相続税対策として非常に有効な手段です。
受取人に現金がすぐに支払われますし、相続人がはっきりしているためもめることもなくなります。
ただし、加入する会社や種類には気をつけなければなりません。
しっかり調べて加入しましょう。

相続税対策に生命保険をご検討ならば専門家にご相談ください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.