相続税を減らす方法を掲載しています。節税のために覚えておきましょう!

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 相続税を減らしたい!節税のために知って起きたい情報5つ

相続税を減らすための条件とは?

相続税を減らすために一体どうすれば良いのか……。
悩むところだと思います。
しっかりとした知識を持って事前に対策をすれば、相続税を減らすことができます。
ここでは、相続税を減らすために知っておきたいことをまとめています。
ぜひ、参考にしてください。

相続税を減らすために有効な5つの方法

相続税を減らすための対策

相続税を少しでも減らすには、次の5つの方法があります。

①相続財産そのものを減らす
②相続税を減らし制度を利用する
③財産の評価を下げる
④不動産を利用する
④特例や控除など様々な制度を活用する

相続税を減らし、子どもへ負担にならないようにするためには、事前の準備が必要です。死んでからでは遅いのです。
死ぬ前に遺産の整理をするのは縁起が悪いとお考えの人もいるかもしれませんが、残された人の将来のためにも、まずは遺産の整理をしっかり行い、相続税を少しでも減らすことに注力してあげないと、遺産を受け取る人への負担になります。
上記5点をしっかり守って、今すぐにでも遺産の整理を始めましょう。

相続税の計算方法

相続税は以下の計算式で算出することができます。

(全ての財産ー基礎控除額)×相続税立ー税額控除=相続税額

相続税は対策をすれば減らせる

相続税を減らす5つの方法を詳しく解説

遺産を減らす方法として、上述した「①相続財産そのものを減らす」「②相続税を減らし制度を利用する」について詳しく紹介しましょう。

相続財産そのものを減らす

相続財産はやはり現金や預貯金、不動産などがベターだと思います。
これを相続人に生前贈与するだけで、自分の財産を減らすことができ、相続人に対する相続税が軽減されます。生前贈与をする際には、一度に支払いをするのではなく、小分けにすることが大切です。
贈与税がどうしてもかかってしまいますが、ある方法を使えば贈与税を支払わなくてすみます。
贈与税は1人あたり年間110万円までは非課税になります。
これを利用するのです。
毎年110万円以下の財産を贈与し続けるのです。
ここで注意したいのは、計画を立てないということです。たとえば10年間にわたって、100万円を定期的に贈与したとなれば、一括で支払ったものと判断されます。
そうならないためにも、契約書を毎年更新するようにしましょう。
そうすることで一括で支払ったと判断されなくなるのです。
ちなみに子どもや孫など何人かにわけて何度も贈与することで相続財産を減らす方法もあります。

相続税を減らし制度を利用する:相続時精算課税

相続時精算課税を利用すれば、2,500万円までは特別控除となり非課税になります。
値上がりしそうな株や土地などを持っている際には有効な手法です。

相続税を減らし制度を利用する:教育資金の援助

教育資金の一括贈与は1,500万円までが非課税になります。

相続税対策には不動産や土地をウマく使うことが有効

相続税を減らす5つの方法を詳しく解説

遺産を減らす方法として、上述した「③財産の評価を下げる」「④不動産を利用する」について詳しく紹介しましょう。

相続財産の評価額を下げる

現金や預貯金では財産の評価額を下げることはできません。
しかし、不動産に変えることで時価よりも低く評価されるので財産の評価を下げることができるのです(ちなみに、土地の形状によっても評価額を下げることができます)。

土地を分割する

土地を単独で相続するよりも分割をして相続するという手法をとれば、土地全体の評価額が下がる場合があります。

不動産を利用する:親所有の現金、親名義で家を建てよう

生前に二世帯住宅を建てる場合、もしお金に余裕があるのならば、親のお金で親の名義で家を建てるようにしましょう。
そうすれば親の財産になるので相続税が減ります。

不動産の相続評価額は税理士によって変動する

税理士によって不動産の評価が変わります。
同じ不動産を税理士10人が同じ計算をしても一定額になるとは限らないのです。
評価額を過信しないようにしましょう。

様々な制度を活用しよう!

相続税を減らす5つの方法を詳しく解説

遺産を減らす方法として、上述した「⑤特例や控除など様々な制度を活用する」について紹介しましょう。

生命保険の非課税枠について

遺族などが受け取る死亡保険などの生命保険には(500万円×法定相続人の数)が非課税になります。

非課税の財産を購入する

墓地や仏壇などは非課税扱いになります。

相続税は減らすことができるけど……

相続税を減らす方法はいくらでもあります。
別に悪いことをしているわけではないので、しっかりと制度を利用して相続税を減らす努力をしましょう。
もちろん、知識も必要です。
難しければ税理士に相談することをオススメします。

相続税を減らすなら専門家にご相談ください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.