贈与税と相続税の違い、それぞれ知っておきたい基礎知識をまとめています。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 贈与税と相続税の違いとは?|相続税のやさしい解説

贈与税と相続税は一体何が違うのか?

贈与税と相続税。一見似ているように思えますが、似て非なるものです。
ここでは、贈与税と相続税の違いについて紹介します。
知識を深めておけば節税対策にもなりますので覚えておきましょう。

贈与税と相続税それぞれの違いを解説

贈与税とは

贈与税とは、親などが亡くなる前に財産を受け取ると発生する税金のことです。
覚えておきたいのは財産を贈与した方ではなく、財産を受け取った方に納税義務が発生するということです。

相続税とは

相続税とは、遺言などで死んだ後からもらった財産によって発生する税金のことです。
現金、預貯金はもちろん、不動産、有価証券、生命保険、脂肪退職金などが対象になります。

贈与税と相続税の違い

上述したように贈与税と相続税の大きな違いは、生前に財産をもらうか(贈与税)死んだ後にもらうか(相続税)で変わってきます。
基礎控除の内容も違うのが大きなポイントです。

遺産相続時の節税対策はどうすれば良い?

生きているうちでも死んでしまった後でもどちらにせよ、税金はかかってしまいます。
しかし、ある条件が揃えば、税金を減らすことも可能です。
相続税と贈与税のメリットを知ってどちらが得なのか下記で紹介します。

生前贈与をしておくことで節税対策に!

家族に効果的に資産を残してあげるには

相続税と贈与税、上述したそれぞれの基礎知識を理解して、自分の財産と照らし合わす必要があります。
何度も言いますが、対策は絶対にしておいて損はありません。
贈与税を支払ってまでも生前に財産を渡しておけば相続税が減っていきます。
計画的かつ念密な戦略で財産を贈与しておけば、税金を支払う額を減らすことができるのです。

生前贈与

生前に贈与をするのであれば、しっかりとしたルールを知っておかなければなりません。
まずは、双方に受け取る、譲るという意思があるかどうかが重要になります。
どちらかが拒否をしていれば贈与は成立しません。もちろん、贈与をされているのを知らなかった場合も認められなくなります。
子ども名義の預金通帳を作って現金を貯めておいた。
しかし、子どもはその口座の存在を知らなかった……これでは、子ども側に受け取る意思がなかったと判断されるのです。

生前贈与で用意すべきもの

トラブルを防ぐためにも。
贈与契約書を作成し、現金であれば銀行振り込みで証拠を残しておきましょう。
もちろん通帳の管理はもらう側が行うことが重要になります。

契約書は毎年更新するのが良い

契約書を作成したからといって安心してはいけません。
例えば年間100万円ずつ振り込めば税金はかからず生前贈与ができると思われがちなのですが、その手法を使うと一括で支払ったと判断され、余計な税金がかかってしまうのです。
そうならないためにも、毎年契約書を更新し、計画的ではないことをアピールする必要があります。

相続税と贈与税についてすぐに勉強を!

贈与税と相続税の違い、そして生前贈与をしておくことで節税対策になるということがわかっていただけましたでしょうか。
知識がないと損をするだけです。
今からしっかり財産を整理して対策をしておきましょう。

相続税や贈与税についてさらに詳しく知りたい方はぜひお問い合わせください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.