生前贈与は相続税対策として非常にオススメの方法です。メリットや注意点を紹介します。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 相続相談・相続税について > 相続税対策になる生前贈与って?|相続税のやさしい解説

相続税対策をするなら生前贈与が良い理由を解説

相続税を和らげる対策のひとつとして、今生前贈与が注目されています。
どうすれば効果的に節税できるのかは誰しもが思うことだと思います。
ここでは、生前贈与がいかに相続税対策になるのか紹介します。

相続税対策には生前贈与がオススメ……生きている内に財産を贈与しよう

生前に対策するから意味がある

相続税の節税は「死んだ後で考えれば良い」と思っている人も多いと思います。
死ぬことを考えるなんて縁起が悪いですし、そもそもやり方がわからないから動けない……。
しかし、覚えておいていただきたいのは、相続税対策は、被相続人の死亡前でしか効力がないということです。
被相続人が死んだ時点で遺産相続はスタートするので、遺産を動かそうにも動かしようがないのです。
もちろん遺産といっても土地や現金、証券など……様々あります。
生前からしっかり対策を講じていないと、相続をする際に面倒になりますし、争いも増えてしまいます。

相続税対策として有効な生前贈与

上述したように、生前に遺産を整理することは非常に大切なことです。
遺産を生前に贈与することを生前贈与といいます。
生前贈与は、被相続人が生前に遺産を配偶者や子どもに贈与しておくことで、被相続人が亡くなった後の遺産の評価額を下げ、相続税の金額も下げるという方法です。
相続税は、金額が大きくなればなるほど支払う税金も増えます。しかし、逆を考えると遺産の評価額が下がれば下がるほど、支払う相続税の金額も当然下がっていくのです。
本当の遺産は1億円なのに、生前贈与をしていたおかげで、亡くなった後の遺産評価額を下げることに成功し、節税できたというケースは沢山あります。

生前贈与をしても贈与税はかかる

生前贈与をすると贈与税がかかってくる

生前贈与をすると、贈与税がかかり余計な出費になるのではと危惧するでしょう。
確かに贈与税の税率は相続税の税率よりも高く設定されています。
ではなぜここまで生前贈与をオススメするのか……これには深いわけがあるのです。
じつは、贈与税には控除制度があるのです。
これをうまく使えば支払う税金を下げることができるのです。

贈与税について

贈与税は、贈与を受ける人1人につき年間110万円までの基礎控除が認められています。
つまり、贈与額が年間110万円以下であれば贈与税はかからないのです。
極端な話、毎年100万円ずつ小分けに贈与をすれば贈与税を支払わずに生前贈与をすますことができるのです。

贈与税の税率

上述したように、贈与税の税率は、贈与する額が大きければ大きいほど高くなります。

基礎控除後の贈与額にかかる主な贈与税
200万円以下……10%
〜400万円……15%
1,000万〜1500万円……40%
4500万円……55%

相続税対策に生前贈与を選択した際に気をつけたいこと

生前贈与をする際の注意点

相続税対策として生前贈与をするにあたり注意すべき点があります。下にまとめました。

贈与をする際はしっかり証拠を残しておく

名義ではなく実質で判断されるため、口座から口座へ振り込むなど証拠を残し、贈与を受けた者は自分で印鑑や通帳を管理しておきましょう。

贈与にあたって当事者同士の合意が必要

生前贈与をするには、当事者同士の合意がなければ成立できません。
たとえば、子どもの知らないところで子ども名義の口座に親が生前贈与をしたとしても、そのお金は生前贈与として認められないのです。
税務調査も入るため、申告漏れとして指摘されてしまいます。そうならないためにも、贈与をするにあたっては、確かに親または子どもが同意をしたという確認をされなくてはなりません。
勝手に親が生前贈与をすることは認められないので注意してください。

贈与計画を最初に確定しないように!

上述したように、相続税対策として100万円を毎年支払って生前贈与を完了するという場合があります。
しかしこれにも注意が必要です。
たとえば、20年間にわたって100万円ずつ贈与をする計画を確定した場合、一括して贈与したものと判断されるケースがあるのです。
一括贈与とされないためにも、贈与計画は毎年1年分のものだけ確定するようにし、契約書に関しても1年ごとに更新するようにしましょう。
そうすることで、一括贈与として判断されることもなくなります。

贈与は早めに実行しよう!

相続開始前の3年以内の相続人に対する贈与は、相続税の課税対象になります。
贈与をするときは早めに行うようにしましょう。

生前贈与は基礎知識が必要

生前贈与は基礎的な知識さえわかっていれば、非常に有効な相続税対策となります。
生前贈与をしたいとお考えならば、メリットや注意点をしっかり復習し、適切な方法で行いましょう。

生前贈与をご検討ならば専門家にご相談ください。
相続相談をする前に知るべき3つの基礎知識|税務相談の窓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.