資金調達の方法について解説しています。企業しようと考えている人は必見です!

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > 資金調達の方法|いろいろある資金調達方法の特徴と違い

資金調達をする際にどんな方法があるのか知りたい!

資金調達は、起業をするとき、会社を運営するとき、会社の規模を大きくするとき……様々な場面で必要になってきます。
ここでは、資金調達の方法について紹介しています。
どのような手段があるのか抑えておきましょう。

様々な資金調達について

難しい資金調達

会社の事業計画に沿って会社を軌道に乗せることは非常に難しいことです。
やはり資金調達は誰しもつまづくことですし、資金調達をしなければいけないときは、本当に突然やってきます。
困っているときはもちろん、ここは強気でいかなければいけないというときでも、まとまった資金は必要になります。
でも、余裕があるうちに資金調達の方法を知っておけば、もしものときに安心ですよね。
会社の経営と事業計画を良好に進めるための、資金調達の方法を下記にまとめましたので、是非参考にしてください。

資金調達方法について

資金の調達方法には、負債(第三者から借り入れを行う)と株主資本(返済の必要がない資金。新株の発行をして自己資本を増やすやり方)の2つの方法があります。
どちらにせよリスクが伴うことを覚えておきましょう。

銀行や信用金庫から借りる

融資で最初に思いつくのが、銀行や信用金庫から借りるという手です。
もちろん初めて起業した会社であれば、保証会社の審査も通らなくてはなりません。

ノンバンクなどのビジネスローン

あまりオススメはできないのですが、ノンバンク融資を受けるという方法があります。
金利は安くて3〜4%前後、高いところで7〜8%といったところでしょうか。
銀行の借り入れと比べて金利が異常に高いため、つなぎとして考えてください。
来月には入金があるので一ヶ月だけ……というような形で、癖にならないようにしてください。
無駄な出費が増えるだけです。

クラウドファンディング

クラウドファンディングはアイデアに対して個人から投資を募るものです。

助成金や補助金

税理士や社労士の力を借りて助成金に頼るという手もあります。
助成金は、融資ではないので返済の義務がなく、非常にメリットが高いものです。
しかし、申請からお金がおりるのは1年後など長期間かかるものが多いです。
もし、短期間でほしい場合この方法はオススメできません。

事前の計画が必要な資金調達

事業計画をしっかり立てよう

資金調達をするにしても、やはり事業計画をしっかり行っていないと成功することはできません。
相手からの質問にすらすら答えるように準備しておく必要があるのです。

・経営者は誰?
・どんな事業になるのか?
・売り上げ目標はどんなものか?
・ターゲットは?
・企業理念は?
・ビジネスモデルはあるのか?
・戦略は?
・ライバル企業とはどう差別するのか?
・必要な資金調達額とその方法は?

このように、すべてに答えらえるようにしておきましょう。もちろんこれらに加えて事業計画書に矛盾がないか確認をすることも大切です。

資金調達にはこんな目線もある!

事業計画をしっかり立てよう

違う視点で考える資金調達の方法
資金調達は何も人から借りることが全てではありません。
キャッシュを増やすことだって資金調達をする方法でもあります。
一部ですが紹介しましょう。

顧客に前払金をしてもらう

サービス内容によって難しい場合もありますが、顧客に前払いしてもらうことでキャッシュを増やすことができます。
前払金や着手金は採用している会社こそ少ないものの、サービスによっては有効な手段になります。

仕入先と交渉してみる

仕入先の支払いを遅らてもらうことができれば、キャッシュを調達することにもなります。
もちろん、仕入先との契約や信頼関係が必要になりますが、支払い条件を緩和してもらうことは、契約後でもやる価値のある交渉です。

売掛金の早期回収

入金期限が過ぎた売掛金はもちろんのこと、早期に回収することもキャッシュを調達することになります。

資産を売却する

例えば、事務所にある使っていないソファーやパソコンを売却するだけでも資金の調達になります。

信用が大事な資金調達!

資金を調達するということ

お金の貸し借りというのは信用とか信頼で成り立っているものです。
通貨の価値は信用で決まると言っても過言ではありません。
Aには100万円貸しても安いと感じるが、Bには10円でも高いと感じる……といったように、資金調達は人からの信用が大事になるのです。
まずは、人から信用してもらえる人物に自分はなっているのか、またはなろうとしているのか改めて考えてください。
資金調達はそれほど難しいものです。

会社の岐路で必要な資金調達

資金調達の方法には、いろいろなことがあるとわかっていただけたかと思います。
自社のピンチから守るため……自社を大きくするため……大事なことになってきます。しっかり記事を見て資金調達する際に役立ててください。

資金調達方法でお困りの方は、次のページもご確認ください。
資金調達・公庫融資支援の流れとプロに頼むメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.