公庫融資は、他の金融機関で融資を受けるよりも多くのメリットがあります。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > 公庫融資ならではのメリット|その他金融機関との違い

公庫融資を利用する際のメリットについて詳しく解説

公庫融資は企業が様々な場面に立たされた時に助けてくれるものです。
企業を大きくしたいとき、ピンチのとき……様々な状況で資金が必要となります。
そんなときに公庫融資はあなたの会社を助けてくれるでしょう。
ここでは公庫融資を利用する際のメリットについて紹介します。

そもそも公庫融資ってどんな制度?

公庫融資とは?

そもそも公庫融資とはどんなものなのでしょうか。
公庫融資の公庫とは日本政策金融公庫の略称です。
よって、公庫融資とは日本政策金融公庫から融資をしてもらうことです。
銀行などの民間の金融機関から資金を調達することがどうしても難しいという中小企業や個人事業主に向けて、融資することを目的としています。
日本政策金融公庫は、営利を目的とした組織ではないため、担保や保証が十分でなくても融資をしてくれるのです。
よって、銀行よりも融資の審査がおりやすいですし、比較的緩やかです。金利が安いという点も見逃せません。
金利も高くリスクの高いノンバンクの融資を受けるくらいであれば、一度公庫融資をしてもらえないかお願いしてみましょう。

公庫融資はメリットがいっぱい!

公庫融資のメリット

では、公庫融資で融資を受けるとどんなメリットが生まれるのでしょうか。
詳しく紹介していきましょう。

実績がなくても前向きに融資を検討してくれる

日本政策金融公庫は、より多くの事業主に利用してもらう目的で設けられている金融機関です。
よって、これから事業を始めたいと思っている人や、事業を始めて間もない……という実績のない事業主に対しても検討してくれるのです。
銀行など民間の金融機関は、保証会社を通して保証をもらわなければ融資を検討してくれません。
その点、公庫融資は保証会社の保証は必要ないののは大きなメリットと言えるでしょう。
事業をスタートしたばかりの企業に対して、どんな状況でも現状を踏まえて前向きに検討してくれるのは嬉しい限りです。
ただし、誰でも貸してもらえるわけではありません。
実績のない事業主の方でこそ、しっかりとした事業計画書を作成し、融資をしてもらえるようにアピールせねばなりません。そうしなければ、自分が納得する融資を受けることは難しくなるでしょう。
さらに、あくまで融資なので返済しなければなりません。
事業の拡大、売上を伸ばすための先行投資、設備投資などは前向きに融資を検討してくれますが、事業を廃業するための資金などのためには融資はしてくれません。

金利が少ない

日本政策金融公庫の公庫融資は金利が少ないというメリットがあります。
融資の種類や返済期間、使用用途、担保や保証人がいるのかどうかなど様々な条件で変わってきますが、年利率が約1.5%〜4%の範囲内で設定されており、民間の金融機関やノンバンクでお金を借りるよりも金利が安くなっています。
全ての融資で固定金利制が採用されており、融資を受けた時点での利率が返済終了まで適用されることになります。
返済の計画が立てやすいこともメリットの一つでしょう。

会社の規模に関係なく融資を受けられる

公庫融資ですが、中小企業はもちろん個人の事業主に対しても融資を行っています。
会社の規模が小さいから……個人だから……という理由で融資がおりないということはありません。
大きなメリットですね!

返済機関が長期間

返済期間が長期間となっている公庫融資では、運転資金で使うための融資でも返済期間は数年となります。
銀行などの民間の金融機関から、よくある短期借入れの借り換えがありません。
よって借り換えをしたときの貸し剥がしのリスクがないのです。

担保は必ず必要……というわけではない

公庫融資は、一定額以下の融資であれば、不動産担保の設定は求められません。
保証人の設定のみで融資を受けることができます。返済実績などを考慮した上で、保証人の設定がない融資にも応じてくれる場合があります。

覚えておきたいデメリット

公庫融資のデメリット

公庫融資のデメリットについても触れておきましょう。
やはり融資時にはしっかりとした事業計画書が求められます。
よって、明確な事業計画がなければなりません。
担当者がひっかかる点があれば追求もされます。
しっかりと答えられるようにしておきましょう。
また、一度でも返済が遅れてしまうと、新規融資に応じてくれませんのでお気をつけください。
しかし、これらのデメリットは気をつければ解消できるものです。

公庫融資ならではのメリットを活用しよう

公庫融資のメリットについて詳しく解説しました。しっかりとした事業計画書を作成し、公庫融資の担当者に説明できれば、他の金融機関よりも返済の負担を少なくして融資を受けられます。一度検討してみてください。

公庫融資で企業を大きくしたい方は次のページもご確認ください。
資金調達・公庫融資支援の流れとプロに頼むメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.