起業をする際に大切な資金調達の方法について詳しく解説しています。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > 起業時の資金調達にぴったりな方法とは?

起業をする際に必要な資金調達とは

起業をする際にはどうしても資金調達が重要になってきます。
どれほどの資金を集めることができるかで経営のスタートダッシュも変わってきます。
ここでは起業時における資金調達について紹介します。

どのような資金調達方法があるのか?

起業するときに知っておきたい資金調達の方法

設立する前や設立直前などは資本金が少ないため、どうしても他からお金を借りるという選択肢も考えなければなりません。自己資本だけでは成長スピードを早めることは難しいでしょう。
もちろん借りたら返すのが筋ですから、上手に資金調達をして返済するプランを立てていきましょう。

友人・知人、親族などから借りる

創業する際に借りる相手として真っ先に思いつくのが、友人や知人、または親族などでしょう。
もちろん近い間柄とはいえ、額が大きければ相手も躊躇してしまうでしょうし、信頼関係にもヒビが入ってしまう可能性もあります。借りるときには相当の覚悟を持って話をせねばなりません。
ちょっとくらい返済が遅れても良いか……と思うのは危険です。
そういった甘えを打ち消すためにも、入念な契約書を交わし自分から逃げ場のないようにするようにしましょう。

個人借入

もちろん、個人的に消費者金融などから借入することは可能です。
しかし、信用情報に残るのでもし返済が滞ってしまうと、融資が受けられなくなってしまいます。

個人投資家から借りる

個人投資家のほとんどは実際に起業経験者で、起業経営をしている人が多く、身近にいれば事業計画書を持って相談するのも良いでしょう(これは、近くに個人投資家がいればの話になります)。

制度融資に頼る

信用保証協会(制度融資)にお願いするという手があります。
創業時の資金調達をするため、国民政策金融公庫の創業融資に頼る会社もあります。金利は安く審査期間も長くなっています。

創業融資に頼る

創業融資(国民政策金融公庫)は、設立直後の会社の資金調達の方法として、最も実現性が高く、実績がなくても無担保・無保証で融資を受けられる可能性があります。

助成金に頼る

創業に関わる助成金はたくさんあります。
助成金は融資ではないので返済する必要がありませんので、非常に大きなメリットがあります。
しかし、助成金は時間や手間がとにかくかかります。
もちろん確実に手に入るわけでもないので、短期間で資金が欲しい場合は不向きです。

投資をすることで資金調達できる場合も

出資をしてみる

出資とは、返済不要の資本となるお金のことです。
株式を発行して、出資者に株の値上がり益と配当を返却します。
株式を譲渡するということは、経営権の譲渡をするということなので、しっかりと検討することが必要です。

自己資金

自己資金とは読んで字のごとく、自身の持っているお金のことです。
他の資金との割合をしっかりと計算に入れておく必要があります。
株の保有率(経営権)など多くあればあるほど良いです。
しかし、事業清算をした後に自分の財産を失うリスクがあるので注意してください。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(VC)とは、未上場企業に資金を株式として投資することでハイリターンを狙う投資会社のことです。
投資ファンドとも呼ばれています。
こちらを利用するという手もあります。

資金調達の際に利用できるコンテンツとは

共済を利用する

資金調達とまではいきませんが、毎月掛金を支払うことで、万が一の際に借り入れを可能にしてくれる経営者向けの共済があります。
もちろんやる気に満ちた起業時にもしものことを考えるのはダメなのかもしれませんが、やはり会社を経営する以上リスクは考えないといけません。
起業の際は、小規模企業共済、中小企業倒産防止共済に加入することをオススメします。

クラウドファンディング

インターネット内で財源の提供をお願いするのがクラウドファンディングです。
アイデアに対して個人から投資を募るという方法です。
最近注目を浴びていますが、資金調達をする1つの手として考えてみてください。

ビジネスコンテスト

ビジネスモデル、ビジネスプラン、アイデアに自信がるのなら、ビジネスコンテストに出品するのも良いでしょう。
政府や民間など多数の期間が主催していて、優秀賞に選ばれると様々な支援を受けることができます。

起業をする際には、いかに資金調達をするのかが重要になる

起業時の資金調達の方法について、様々な視点から紹介させていただきました。
資金調達は決して簡単ではありません。企業するうえで非常に大きな壁になるでしょう。
しかし、ここを乗り越えないと事業も成功しないと思います。頑張ってください!

起業のための資金調達をお考えでしたらご相談ください。
資金調達・公庫融資支援の流れとプロに頼むメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.