公庫融資の審査について詳しく解説しています。初めて公庫融資を受ける人は必見です。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > 公庫融資の審査の流れとポイント|確実に融資を獲得しよう

公庫融資にも審査がある……確実に資金を獲得するために!

公庫融資を利用するにしても、どういった流れがあって審査されるのかはやってみなければわからないものです。
ここでは、公庫融資を確実に獲得するために知っておきたい審査と流れについて解説します。

公庫融資の審査までにしておきたい準備とは?

公庫融資決定までの流れについて〜準備編〜

日本政策金融公庫にも審査があります。
ここでは融資を受ける場合の主な流れについて説明しましょう。

事前相談をする

公庫融資を申し込みたいと思ったら、まずはお近くの日本政策金融公庫に電話をするか窓口まで出向いて担当者に相談してください。
担当者から必要書類や面接日について、さらに融資までの流れや審査についてなど親切に教えてくれますので、不明点などありましたら是非聞いてみてください。
申込書は日本政策金融公庫の窓口か、公式ウェブサイトからダウンロードすることができます。
ちなみに商工会議所、商工会などでも相談することはできます。

申し込みをする

公庫融資についての申込書や必要書類を準備して窓口に提出します。
もちろん郵送でもかまいません。
必要な書類は、個人か法人かでわかれるので注意してください。
下記に主な必要書類をまとめています。

個人……借入申込書、直近2年分の確定申告書、決算書
法人……借入申込書、直近2期分の確定申告書、決算書、勘定科目の明細書、登記簿謄本、履歴事項全部証明書、決算後6ヶ月を経過している場合は試算書

さらに、条件によって必要となる書類があります。
それらは担当者から説明がありますのでよく聞いておきましょう。

担当者からの連絡

公庫融資の申込書を提出してから数週間もすれば、日本政策金融公庫の担当者との面接日が設定されるでしょう(書類が揃っているからその日に面接というわけにはいきません)。
面接が公庫融資の審査の場になります。準備ももちろん必要ですが、いかに企業の魅力、事業計画の明確さなどをアピールできるか勝負の場面になりますので心構えをしておいてください。

公庫融資の審査を通すためには面談がキーポイント

公庫融資決定までの流れについて〜面接編〜

面接では、申し込み時に提出した資料などをもとにして、事業の概要や最近の営業状況など詳しく質問されます。
もちろん担当者のみが決めるのではなく、担当者から上司へ報告があり審査されますので、このプレゼンが重要になります。
担当者にいかに詳しく事業内容を説明できるかで審査内容が変わってきます。
気をつけて下さい。
面接は、おおよそで1時間〜1時間半ほどで終了します。
日本政策金融公庫もしっかりと把握したいという思いから、担当者が実際に会社を訪問する場合があります。
これも審査を通すためですので快く引き受けましょう。

面接を確実に成功させるために

面接といっても採用面接など厳しく緊張する場面ではありません。
和やかなムードで進みますので安心してください。
担当者は、あなたの融資を断るのではなく、審査を通し成功させるために行うのでしっかりと準備して質問に答えられるようにしましょう。
ポイントを記しておきますので覚えておいてください。

〜面接前に答えられるようにしましょう〜
・いくら必要か明確にする
・いつ必要で何に使うのか
・どうやって返却するか
・保証人はどうするのか
・最近の業績と今後の見通しについて

〜面接前・面接中に気をつけること〜
・身なりはきっちりと
・できれば一人で面接に行く
・情報提供はできるだけする
・うそはつかない

もし公庫融資の審査がおりたら……

公庫融資決定までの流れについて〜融資実行〜

面接と書類をもとに、日本政策金融公庫内で審査が行われます。
担当者やその上司が話し合いをして企業に対して融資をしても良いのか話し合いがなされるのです。
融資をお願いする企業は、この場には立てないので、いかに担当者に事業計画をはっきり伝えるかが重要だということがわかるでしょう。
また、担保を提供した場合、担保の査定に時間がかかるので申し込みから実行まで1ヶ月ほどかかる場合があります。
余裕を持った方が得策でしょう。

融資額について

300万円の希望を出したが200万円しかおりなかったという場合もあります。
さらに融資がおりない場合だってあります。
融資が否決された場合は、あくまで冷静になぜ融資がおりなかったのか担当者に聞いておくと良いでしょう。
今後公庫融資を受ける時のヒントになります。
審査が通り融資が決定すれば、契約に必要な書類などが送られます。
必要事項を記入して日本政策金融公庫に持参するか送付してください。
書類などに不備がなければ、2〜3日で指定口座に決定額が振り込まれています。

公庫融資の審査は比較的緩い……だけど準備はしっかりと!

公庫融資の審査は決して厳しいものではありません。
事業計画の明確さが重要になるものです。審査前にしっかりと準備をして取り組むようにしましょう。
どうすれば良いのかわからない場合は税理士などに相談してください。

公庫融資の審査はプロに相談し入念な準備を。
資金調達・公庫融資支援の流れとプロに頼むメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.