公庫融資とはどんな融資方法なのか……公庫融資について詳しく解説しています。

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > 公庫融資とは?|銀行の融資と公庫融資の違いとは

公庫融資とは……会社を助ける制度を解説

公庫融資とは一体どんなものなのでしょうか。
会社を起業したり経営していく中で公庫融資というキーワードを聞いたことがあるかもしれません。
ここでは公庫融資について詳しく紹介します。

事業主を助けてくれる公庫融資の特徴

そもそも公庫融資とは何?

公庫とは日本政策金融公庫の略です。
公庫融資は、この日本政策金融公庫から融資をしてもらうことです。
日本政策金融公庫は、銀行などの民間の金融機関から資金を調達することがどうしても難しいという中小企業や個人事業主に向けて、融資することを目的としています。
よって、銀行よりも融資の審査がおりやすいですし、比較的緩やかになっています。
金利が安いという点も見逃せません。
金利も高くリスクの高いノンバンクの融資を受けるくらいであれば、一度公庫融資をしてもらえないかお願いしてみましょう。

創業者にも優しい公庫融資

基本的に実績のない創業者に対して銀行は融資をしてくれることはありません。
しかし日本政策金融公庫は融資をしてくれる可能性があります。
これは大きなメリットです。
自己資金で創業するのと、タダ同然の利息払うだけで2倍近くの創業資金をもって起業するとでは、やはり起業時の安心感も違うでしょう。

融資が受けられない場合がある?

そんな間口の広い公庫融資でも融資が受けられない起業があります。
なぜ失敗してしまうのでしょうか……それは、「日本政策金融公庫は国がやっているから絶対に融資がおりるのだ」と浅はかな考えを持っている企業がいるからです。
比較的にゆるいといったって、誰にでもお金を貸してくれるというわけではありません。
しっかりと戦略を持って融資にチャレンジすることが大切なのです。

公庫融資を受けるには何が必要?

日本政策金融公庫からどうすれば融資を受けられるのか

もちろん100%公庫融資を受けられる方法はありません。
何かしらの不備があったらそれで融資が受けられないということはザラにあります。
融資を受けられるような努力をすることが大切です。

小口融資で審査を受けてみる

いきなり1億だの2億だのと融資を受けようとしても難しい話です。
300〜400万円を目安に、小口融資を申し込んでみましょう。
初めての融資は通常よりも少し審査が厳しく、300万円の融資をお願いしたが200万円しか可決されなかったというケースもあります。
よって、借入の実績を作るという観点からもこの小口融資から始めることはオススメできます。
初回で融資が下りれば、2回目3回目はぐっと融資を受けやすくなります。
希望する金額の融資をお願いすることができるのです。

申し込み額が妥当かどうか考える

資金の使用用途に関しては、使い道や事業の規模によって判断されます。
日本政策金融公庫は事業資金を融資してくれる機関ですので、資金の使い道を明確にしないと融資がおりなくなります。

審査担当者との面談

公庫融資を申し込むと、審査の担当者と面談することになります。
面談では、突っ込んだことを聞かれますので覚悟しておいてください。
別に間違ったり経理に確認をしても大丈夫です。
大切なのは、企業のセールスポイントと弱点を審査する担当者に説明し、担当者が上司にしっかり報告できるようにサポートすることが大切なのです。

融資には保証人が必要

公庫融資には保証人が必要になるケースが往々にしてあります。
融資をする側にとっては、返済が滞った時に催促するのが保証人なわけですから、この保証人の人選も重要になるのです。

公庫融資と銀行融資の違いとは

公庫融資と銀行融資は何が違うの?

公庫融資と銀行融資の違いについて説明しましょう。
銀行は中小企業に向けて融資をする際には保証協会の保証認定を求めてきます。よって、審査には保証協会と銀行の二者がいるのです。保証協会に保証料を支払って保証してもらうことになります。
日本政策金融公庫の公庫融資は、保証協会の保証を求められることがなく、審査は日本政策金融公庫のみになります。融資実行のスピードが早いのが特徴です。
保証料をとられることはありませんが、利率がアップするので保証協会で保証料を支払うのとそんなに大差はなくなります。

業績不振になると……

公庫融資と銀行融資には、業績不振になった時にも違いが生まれます。
銀行は業績が悪くなると返済がそれまでに滞ることがなくても融資判断が厳しくなってしまいます。
日本政策金融公庫は、多少厳しくはなるものの過去の返済実績を加味してくれます。

しっかりとした準備と対策が必要な公庫融資の申請

公庫融資の基礎的なことについて解説しました。
公庫融資は、銀行よりも審査は甘いですが、なめてかかると融資はおりません。
しっかりと準備をして企業の魅力をアピールしてください。難しければ税理士に相談しても良いでしょう。

公庫融資を確実に通すならばプロへご相談ください。
資金調達・公庫融資支援の流れとプロに頼むメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.