カフェを開業するためにおすすめの資金調達とは

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 資金調達支援について > カフェの開業に必要な資金の高とおすすめの調達方法とは

カフェを開業するには、予想以上にお金がかかります!

カフェを開業したいと思っても先立つものがないとお悩みの方も多いでしょう。
カフェを開業するには、コンセプト、メニュー作り、内装、立地、材料、道具など必要なものが多々ありますが、どれを用意するにも、大抵お金がかかります。
貯金をコツコツと積み重ねてきた方でも、準備を進めていくうちに、資金不足に悩まされるかもしれません。
資金不足を解消するには「出資を受ける」「借り入れする」「受け取る(返済不要)」の3つの方法があります。
ここでは、この3つの資金調達の方法について解説します。

出資を受ける

○共同出資
他者と一緒に経営することで、自己資金が2人分集まります。
カフェ経営の場合、夫婦で共同出資・経営するというケースも多いです。

外部の人間から、出資を受けるには、自社の株式の一部または全部を保有してもらう必要があります。
経営者や投資家に会う際には、事業計画書などの資料を用意し、事業の発展性を説明しましょう。
必ず出資してもらえるとは限りませんが、先輩経営者から貴重なアドバイスをもらえるかもしれません。

共同出資の場合、利益配分や閉業時のリスク分配などのトラブルが発生しやすいので、あらかじめよく話し合っておく必要があります。
上記以外にも、カフェの経営方針やお金のことについては問題になりやすいので、事前に十分話し合っておきましょう。

企業だけでなく、出資制度がある自治体もありますので、出店する地域の自治体に問い合わせてみましょう。

借り入れする

○民間銀行
資金調達といえば、銀行を真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、実績のない新規開業の会社が、営利目的で運営している民間の銀行から融資を受けるのは非常に困難です。
また融資承認に時間もかかります。

ですが、中には、店舗経営者向けの融資に力を入れている銀行もあります。
最初からあきらめるのではなく、一度は融資担当者に相談してみるのがいいでしょう。

○日本政策金融公庫
新規開業時に、おすすめなのが「日本政策金融公庫」です。
日本政策金融公庫は、全額政府が出資している政府系金融機関。

“国の政策の下、民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により、政策金融を機動的に実施します。“

を基本理念としています。
これは、民間の銀行では融資してくれないような小規模事業者のためにも、事業発展のための融資を行います、という意味です。
そのため、カフェを開業した方の中でも、日本政策金融公庫の融資制度を活用している方は非常に多いです。

◆日本政策金融公庫の融資概要
上限額:7200万円(うち運転資金が4800万円)
返済期間:設備資金→15年以内
     運転資金→5年以内

◆日本政策金融公庫から融資を受けるには
日本政策金融公庫といえども、すべての新規事業者に融資してくれるわけではありません。
融資を受けるには、審査に通過する必要があります。

まず必要になるのが、“借入申込書”と“創業計画書”です。
借入申込書とは、借り入れのための申請書。
借り入れ希望金額や使い道、保証人などを記入します。
創業計画書は、創業にあたってどのような事業計画を立てているかを書き込む用紙。
事業内容、職歴、開業動機、セールスポイント、資金調達の方法・内訳、物件について、開業後の売り上げ予測などを記入します。

これらの書類や面談の内容をもとに、職員は事業の成功可能性を見極め、融資の可否を判断します。
時には、総事業費の半分程度の自己資金を求められることもあります。
面談時に、何より重要なのが、「カフェを開きたい!」というあなたの熱意。
強い情熱があれば、担当者の心もほだされるかもしれません。
担当者が納得できるよう経営計画をしっかり練って、自信あふれる様子でプレゼンテーションができるよう練習しておきましょう。

○自治体・商工会議所
融資制度を設けている自治体・商工会議所も多いです。
中には、無担保・無保証人という制度もあります。
こちらも出資制度同様に、事前に自治体・商工会議所のホームページなどで確認しておきましょう。

○親族、知人
家族や親戚に当てがある場合は、借り入れをお願いするのもいいでしょう。
実際に開業した多くの方が、親族・知人から借り入れしています。
親族・知人からの借り入れは、返済期限に余裕を持たせることができるので、抵抗がない方は活用することをおすすめします。

親族からの借り入れで気をつける必要があるのが、贈与税です。
親族だからといって、契約書無しで、年間110万円以上の資金を受け取ると贈与と見なされ、贈与税が発生することがあります。
贈与税の負担を避けるためにも、しっかりと契約書を作成し、1~1.5%ほどの利率も設定しておきましょう。

受け取る(返済不要)

○補助金・助成金
国や自治体からの、補助金・助成金には返済不要で受け取れるものが多いです。
基本、助成金は条件さえ合致すれば受給できますが、補助金は上限金額があり、審査を通過した人しか受け取れません。

○クラウドファンディング
クラウドファンディングは、インターネット上で事業アイデアを公開し、寄付を募る方法です。
カフェ事業でも、クラウドファンディングを活用した事例はいくつか見られます。
クラウドファンディングは資金を調達できるだけでなく、開業前からファンを獲得できたり、広告宣伝としても役立ったりと利点が多いです。
逆に、大勢の方々を巻き込む形での開業となりますので、失敗してはいけないというプレッシャーも強くなります。

カフェを開業するときは、自分に合った資金調達方法を選びましょう

カフェ開業の自己資金の最も多い割合は30%程度、金額にすると150万~300万円と言われています。
カフェ開業にかかる費用は、20坪の店で、平均1000万~1500万円。
300万円近くを自己資金で用意したとしても、最低でも700万円程度をどこかから調達しなくてはなりません。
自己資金が少ないとカフェ開業は難しいと考えている方もいますが、実際はそうではありません。
上記のように、資金調達にも複数の方法があります。
自分の状況に合った調達方法を選び、念願のカフェオープンを実現させましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.