杉並区にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 杉並区で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

杉並区で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

杉並区で税理士サービスをご利用された方からいただいた声や、相談事例をご紹介いたします。
杉並区にお住まい・お勤めで、税務や会計にお困りの方は、ぜひこちらのページをご参考にしてください。

相談内容1: 税務も労務もまとめてお願いしたいです。

(動物病院経営 M.T様 40代)
開業にあたって、税務と労務の両方をまとめてお願いできる人を探しています。
なにぶん人脈が少ないので……。
東京税経センターさんはいかがでしょうか?

解決策:東京税経グループは社会保険労務士事務所、行政書士事務所などをグループ内に併設しています。

開業時に訪れた相談者に対して、税務は東京税経センターが、労務関係はグループ内の社会保険労務士事務所(社労士事務所ヒューマンリード)が請け負えることを説明しました。

グループ内に税理士事務所と社労士事務所を併設させることで、連携がスムーズに行き、相談者は同じことをそれぞれに何度も繰り返す手間などを省くことができます。

相談内容2:スピーディーな対応をしてくれる税理士法人を探しています

(ホテル経営 E.S様 50代)
知り合いの紹介で契約した事務所ですが、労務手続きや給与計算など期日通りにできていなかったり、帳簿のミスが多発したりしています。
せっかく税理士法人にお願いしているのに、帳簿を確認するたび、毎日ドキドキはらはら。
また質問の回答が遅くて、イライラすることもしばしばです。
こんな思いをしないで済む、税理士事務所はありませんか?

解決策:迅速かつ的確なサービスをお届けします。

相談者から現在の契約事務所に対する不満を聞いた後、東京税経センターのサービスの説明をさせていただきました。
東京税経センターでは、原則「本日中、遅くとも翌日まで」には何かしらの回答をすることを信念としています。
税理士事務所のサービスのほとんどは「スピード」と「正確性」を求められます。
東京税経センターでは、優秀なスタッフが、品質の高いサービスを提供することをお約束いたします。

相談内容3:社長職を引き継いだばかりで、経営知識がほとんどありません。

(食品会社経営 M.N様 40代)
父の後を継ぎ、二代目社長として、就任しました。
しかし、現場作業に携わることが多かったため、社長としてはまだまだ半人前。
経営判断などどうすればいいか分からず、優秀なプロの手を借りたいと思っています。

解決策:会社の未来を考えたうえでアドバイスをいたします。

就任間もなくまだ自信を持てなかった相談者。
そんな相談者のために、まず“経営者としての在り方”から説明させていただき、東京税経センターの理念に共感していただいたうえで、契約してもらいました。

契約後は毎月の定期訪問にて、決算書の読み方などを指導。
同時に、社長として今後どのような方針で経営判断をしていけば良いかなどのアドバイスもしていきました。

税理士の仕事はただ税務書類を作成すれば良いだけではありません。
お客様に満足してもらえるよう、会社の未来を考えたうえで、最適なアドバイスを提供します。

相談内容4:初めての税務調査。不安でいっぱいです。

(小売業経営 A.I様 30代)
このたび初めて税務調査を受けます。
不正をしているわけではありませんが、初めてのことで心配です。
この危機をどのようにして乗り越えれば良いですか?

解決策:国税OBの顧問税理士が御社の税務調査をサポートします。

初めての税務調査に不安を覚えていた相談者のために、税務調査の立ち会いを行いました。
業務を妨害されたくないとの相談者の要望に応じて、事前に業務に支障が出ないよう、税務署と交渉。
そのため、当日もスムーズに税務調査を執り行うことができました。

税務調査時に担当税理士が味方をしてくれないというのもよく聞く不満です。
東京税経センターでは、国税OBの顧問税理士を中心に、経験豊富な税理士とスタッフが、不当な税金徴収から会社の資産をお守りします

相談内容5:分かりやすい説明を心がけてくれる先生を探しています。

(ケータリング業経営 U.A様 50代)<br />
会社を経営していますが、税金や数字関連は正直、苦手分野です。<br />
そのため、税理士の先生もお忙しいとは思いますが、できる限り丁寧に説明してくださる方を募集しています。<br />
というのも、以前顧問契約していた先生は早口で色々な見解を述べられるので、なかなか理解できなくて。<br />
今度は私のような人間でも理解できるよう、親切に教えてくれる先生に出会いたいです。

解決策:税理士もサービス業という思いで、お客様との適切なコミュニケーションを心がけています。

「今度こそはいい税理士先生と巡り会いたい」と意気込んでいた相談者。
まずは相談者の現在の税務に関する疑問や課題などをうかがい、ひとつずつ解説していきました。

東京税経センターでは「経理に自信がない」「会計に関してはちんぷんかんぷん」というお客様でも理解できるよう分かりやすい説明を心がけています

相談者に対しても、図やイラストが使われた資料を使って解説することで、今まで理解できなかった財務や経理の仕組みを丁寧に説明していきました。

いい税理士かどうかの判断ポイントとして「適切なコミュニケーションが取れるか」があります。

早口である、もごもご言っていて何を話しているか分からない、専門用語が多すぎて理解できないなど、コミュニケーションに難のある税理士とは早めに縁を切ることをおすすめします。

相談内容6:ベンチャー企業に強い税理士さんに依頼したいです。

(デザイン会社経営 T.M様 40代)
起業をして数年、ベンチャー企業に強い税理士さんを探しています。
同じ経営アドバイスといっても、大企業や開業直後、個人事業主などで異なると思うのです。
現在お世話になっている税理士さんは、開業時は大変助かりましたが、近年は弊社のほうが成長期に突入して、段々アドバイスが的を射なくなっています。
そのような現状から解放されるためにも、ベンチャー企業のサポートに強い税理士さんを探しています。

解決策:資金繰りやキャッシュフローを考えたうえで最適な経営アドバイスを提供します。

会社が成長期に突入し、現在の税理士のアドバイスでは物足りなくなったという相談者。
初回の打ち合わせ時に財務諸表を拝見し、今後会社にとって必要になるであろう事柄についてアドバイスさせていただきました。

相談者とは顧問契約を結び、毎月定期訪問を実施。
そこでは、過去・現在・予測の数字を見比べて、「現在不足しているもの(課題)は何か」「今後伸びていくであろうもの(強み)は何か」について話し合っています

税理士が経営アドバイスをするのは当たり前。
それはただの理想論ではなく、地に足の付いた、実現可能性の高いものでないといけません。
そのようなアドバイスができる税理士を選べるかが、事業成功のカギを握ります。

東京税経センターでは、皆さまの財務に関する悩みを解決します!

東京税経センターでは、税務・会計はもちろん、経営・相続・事業承継・資金調達・節税・起業支援など経営者のあらゆる課題の解決をサポートしています。
「税務調査に対応してもらいたい」「分かりやすい説明ができる税理士を探している」など会計や経理、税務に関するお悩みがある方は、ぜひお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.