渋谷区にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 渋谷区で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

渋谷区で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

渋谷区で税理士サービスをご利用された方からいただいた声や、相談事例をご紹介いたします。
渋谷区にお住まい・お勤めで、税務や会計にお困りの方は、ぜひこちらのページをご参考にしてください。

相談内容1:経費削減を実現したいです。

(一般塗装工事業代表 K.H様 40代)
最近、経費が利益を圧迫するようになってきて、コスト削減に取り組もうとしています。
しかし、詳細な資料がないため、なかなかはかどりません。
毎月の経費を洗い出してもらえませんか?

解決策:月次決算をすることで、毎月の売上・経費を明らかにします。

経費削減を何とも実現させたいと意気込んでいた相談者。
相談者の思いをかなえるため、顧問契約を結びました。

毎月の定期面談では、決算書類を基に毎月の売上・利益・経費などを明確に
そこからどのように経費を削減できるかを話し合いました。

現在は、ムダなコストを省くことで経営もだいぶ安定するように。
もう少し利益が上がるようになったら、新規に設備投資したいと話されています。

相談内容2:素早く的確に経営戦略を立てたいです。

(社労士保険事務所代表 S.I様 50代)
現在、顧問をお願いしている税理士さんは決戦期の直前しか訪問してくださらず、経営パートナーとは言いがたい存在です。
しかし、当初は一人で始めた事務所も、スタッフが増えてきて、いつまでも行き当たりばったりで経営するわけにはいかなくなりました。
今後はただ税務処理をするのではなく、一緒に事務所を大きくしてくれるパートナー的存在と組みたいです。

解決策:貴社の経営パートナーとして適切な経営戦略を立案します。

税理士事務所はただ税務処理をしていれば良いという時代は終わりました。
現代では、処理したデータから最適な経営計画を導き出せる。
それが税理士の役割となりつつあります。

相談者に対しても、毎月の定期訪問にて、決算書を見ながら今後の事業展望などについて打ち合わせ。
どのようなプロモーションをすべきか、新たに人材を雇うべきか、設備投資はすべきか話し合っています。

今まで経営を1人で行っていた相談者。
現在は「困ったときにすぐ相談できる相手ができてうれしい」と喜んでいます。

相談内容3:スタッフによって技量がバラバラだと困ります。

(医療法人経営 K.M様 40代)
以前の税理士事務所は、最初の担当の方は経験豊富で気さくでとてもよかったのですが、次の担当者が問題でした。
性格が悪いわけではないですが、遅刻が多い、期限を守らない、ミスがある……。
最初は「仕方がない」と思っていましたが、そろそろ我慢の限界です。
スタッフの質が均一である、または担当替えがほとんどない事務所を探しています。

解決策:税理士はサービス業という認識の下、スタッフ教育も徹底しています。

たとえ税理士法人であっても、税理士によって対応に差があったら意味がありません。
東京税経センターでは、そのようなクレームを受けないよう、スタッフに対する教育も徹底しています。

原則、回答は24時間以内。
顧客第一主義で動くことを厳命しています

その成果か、相談者からも「東京税経センターのスタッフさんは電話対応含めて、皆さん気持ちが良い」という評価をいただいております。

相談内容4:歯科医に強い税務署を探しています。

(歯科医院経営 N.K様 50代)
歯科医院を経営していますが、担当の税理士さんが勉強不足で、なかなか歯科用語などを覚えてくれません。
税務の話をするたびに、用語の解説をしなくてはならずイライラ。
しかも、前回も説明した用語についてまた説明を求められることも多く、「もうちょっとなんとかしてくれよ」と思わざるを得ません。
このような事態を解消するためにも、歯科医に強い税理士事務所を探しています。

解決策:歯科医専門のサポートプランを設けています。

医療分野のひとつである歯科医師も一般の人にはなかなか馴染みのない分野。
修繕費や保険協会、歯科医師会のことなど精通していない人も多いです。

そんななか、東京税経センターでは、歯科医専門のサポートプランを用意。
50以上の医院を支援してきた経験を活かして、歯科医だからこそできる節税対策などを教授しています

相談者も税理士を替えたことにより「以前より話がスムーズに通じるようになった」と大喜び。
また新しい設備投資などについても話し合えるのがうれしいと言っています。

相談内容5:自分に寄り添った目線でアドバイスしてほしいです。

(デザイン会社経営 M.M様 20代)
起業したばかりです。
経理に関しては無知なので、コンサルティング付の税理士さんに顧問を依頼しました。
「もっとこうしたら業務を拡大できる」などアドバイスしてくださるのですが、そもそも規模拡大を目指していませんし、上の空でいつも話を聞いています。
先生のおっしゃることは理解できるのですが、もっと私の身になってアドバイスしてくれる人を探しています。

解決策:目標や理念が企業ごとに違うのは当然。貴社の価値観を尊重した上でアドバイスいたします。

経営アドバイスはもらえるけど、現状に合っていないという相談者。
そこで、最初の面談時に「将来何をしたいか」「どのようになりたいか」などについて、じっくりヒアリングさせていただきました。
はじめは「会社を大きくさせるなんて無理」など遠慮がちでしたが、話を掘り進めていくうちに、大きな夢や思いがあることが発覚。
まずはその思いに向かって進んでみてはいかがですか? とアドバイスさせていただきました。

ひとくちに経営者といっても、人それぞれ目標や夢が異なるのは当然。
売上アップはもちろんですが、代表の思いに応えるためにはどうすればいいか
常に考えるようにしています。

相談内容6:試算表を読み取れるようになりたいです。

(建築会社経営 S.I様 30代)
現在の税理士さんは決算資料などたくさん送ってくれるのは良いのですが、読み方が分からないので、十分活用できていません。
いつも一瞥するだけですが、もしこれを自分で読めるようになったら、会社経営にも好影響ではないかとも思っています。
数字は決して得意なほうではありませんが、試算表を読めるようになりますか?

解決策:お客様のレベルに応じて決算書の読み方を指導します。

大量の資料が送られてくるけど、開くこともせず、ほぼ放置していたという相談者。
それではもったいない! ということで、さっそく試算表が読めるよう指導を開始しました。

最初は慣れない用語に戸惑っているようでしたが、あるときコツをつかんだのか、急にスムーズに読み取れるようになったそうです。
それ以来、自分で資料を読み解き、お金の流れを計算し、ある程度の今後の売上予測まで立てられるようになりました

東京税経センターでは、皆さまの税金・経営に関する問題を解決します!

東京税経センターでは、企業会計はもちろん、経営・相続・事業承継・資金調達・節税・税務調査対応、企業買収(M&A)など多くの疑問を解消しています。
「経営アドバイスがほしい」「株式公開を考えている」などお悩み・要望がある人は、お気軽にご連絡ください。実績豊富なプロがあなたのご相談をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.