さいたま市にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > さいたま市で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

さいたま市で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

東京税経センターの税理士さんは、本当に会社の役に立ってくれるの? その評判は?
実際に、税理士サービスをご利用いただいたお客様の相談事例をお伝えします。

相談内容1:対応が丁寧な税理士の先生を探しています。

(自営業 S.Y様 70代)
税理士というと「先生」と呼ばれるせいか、傲慢なイメージです。
実際、私がかかわってきた、過去の税理士もそのような方でした。
偉い先生というよりも、優しい税理士の先生を求めています。

解決策:サービス業であることを意識した上で、対応をしています。

今までの税理士との相性が悪く、税理士という職業に対して、不信感を抱いていた相談者。
契約前のヒアリングの段階で、税理士に対する不平不満をすべて吐き出してもらい、東京税経センターで対応可能なことを、ひとつひとつ丁寧に説明していきました。

その真摯な態度を評価してくださり、無事、契約を締結。

毎月の定期面談の際も、わからない言葉や内容に関しては、初心者でも理解できるようかみ砕いて説明。
この歳になって、初めて税務・会計の基礎を覚えることができた」とお話しされています。

相談内容2:店舗ごとの財務状況をより詳しく把握できるようになりたいです。

(中古車販売業経営 K.A様 60代)
ここ数年で、事業を拡大しました。
店舗ごとのより詳細な財務状況の把握・比較をしたいと思っていますが、妙案はありますか?

解決策:貴社にぴったりの会計ソフトを導入して、店舗ごとの現状を解説します。

店舗ごとの詳細な財務状況を把握したいという内容でしたので、各店舗の売り上げ、原価、経費、利益を確認できる会計ソフトを導入しました。
ソフトを使って算出したデータの内容については、毎月の定期面談について解説。
各店舗の現状を数字から読み解いていきました。

東京税経センターで作成した資料を経営会議でも利用しているとのことで、会議のための資料準備の時間が大幅に短縮できたとお話しされています。

相談内容3:決算を見通した上での、経営戦略を立てていきたいです。

(弁当製造・販売業経営 K.M様 40代)
現在の税理士さんは、決算期しか訪問してくれず、決算の直前にならないと全体の利益を把握することができません。
月次決算を算出し、事業課題に対する戦略なども、一緒に考えてくれる税理士さんを探しています。

解決策:月次決算を通じて、お客様の年間目標達成に貢献します。

月次決算をして欲しいという相談者と顧問契約を結び、毎月、会社を訪問しています。
毎月の売り上げ、経費、利益を把握することによって、年間目標に対して、現時点でどのぐらい達成できているのかを可視化できるようになりました。

相談内容4:給与計算、社会保険労務関係などもまとめて依頼できますか。

(建設資材業経営 T.H様 50代)
周囲に知り合いが少ないので、社労士さん、弁護士さんなど、インターネットで良さそうな人を探して依頼するのが大変です。
できれば給与計算や社会保険、労務関連の手続きなどもまとめてお願いできると助かります。

解決策:東京税経グループの専門家をご紹介します。

税理士法人東京税経センターは、東京税経行政書士事務所、社労士事務所ヒューマンリード、株式会社東京税経センター、株式会社千葉税経センターと連携して東京税経グループを形成。
司法書士、弁護士、公認会計士、ファイナンシャルプランナーなどさまざまな専門家と提携することで、お客様に税務・会計だけにとどまらず、あらゆる企業向けサービスを提供しています。

相談者に対しても、グループ内の社労士などを紹介。
グループ内での連携も非常に取れていますので、 スムーズに業務を委託することができます。

相談内容5:経理担当者だけでは不安です。チェックを担当してもらえますか。

(建物解体工事業経営 W.K様 50代)
経理担当者に記帳などは任せていますが、まだ経理になってから日が浅いため、本当に合っているか不安です。
記帳は弊社で対応しますので、内容が間違っていないかのチェックや経営アドバイスなどをお願いしたいです。

解決策:記帳内容のチェックも可能です。

相談者とは顧問契約を結び、毎月会社を訪問。
原始証憑(げんししょうひょう)をもとに記帳内容が合っているか確認し、ミスや漏れがあった場合は訂正。正しい記帳方法をお伝えしています。

先日は税務調査もありましたが、日ごろ正しく記帳していたため、難なくクリア。
月次決算の内容も正確なため、精度の高い経営戦略を練ることができます。

相談内容6:黒字決算にするためにはどうすれば良いかアドバイスが欲しいです。

(衣服・繊維製品製造業経営 K.U様 60代)
先代から会社を引き継いで経営していますが、近年の景気悪化の影響もあり、なかなか赤字経営から脱出できません。
このままでは、社員のリストラ、倒産にまで及んでしまうのではないかと、毎日肝を冷やしています。
現状を脱するための、最適なアドバイスをしてくれる先生を探しています。

解決策:最も身近なビジネスパートナーとして、適切な経営アドバイスを提供します。

以前の税理士さんは、赤字経営でもどこ吹く風。
決算書類の作成など約束の業務はしっかりしてくれますが、金額が安いだけあって、それ以上のサービスは提供してくれなかったそうです。
会社を刷新するためにも、まず経営について詳しい専門家と提携したいと思い、東京税経センターに依頼を持ちかけたとのことでした。

相談者に対しては、契約前の面談にて、課題と思われるポイントをいくつか指摘
契約後は、決算書など詳しい内容をもとに、経営層と一緒に話し合うことで、業績改善に貢献しています。

東京税経センターでは、皆さまの税務・会計に関する悩みを解決します。

東京税経センターでは、個人・法人問わず、節税・相続・資金調達・事業承継・M&A(企業買収)・起業サポートなど企業経営をする上で発生する多くの悩み相談を承っています。
「今の税理士さんはちょっと頼りない」「経営アドバイスできる税理士を探している」という方は、ぜひお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.