目黒区にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 目黒区で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

目黒区で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

目黒区で税理士サービスをご利用された方からいただいた声や、相談事例をご紹介いたします。
目黒区にお住まい・お勤めで、税務や会計にお困りの方は、ぜひこちらのページをご参考にしてください。

相談内容1:まだ起業する前ですが相談することはできますか。

(飲食業 O.Y様 30代)
起業を考えています。
時期は未定なのですが、開業時期含め、金融機関へのアプローチの仕方や事業計画など相談に乗ってくれる人を探しています。
まだ経営者とは程遠い状態ですが、相談に乗っていただけますか?

解決策:起業前の方のサポートも行っています。

「起業する」とひと言でいっても、企業規模、会社形態、業務内容など内容はさまざま。
開業時期含め、最適なタイミングで起業したいという相談者に応えるため、起業前から相談を受け付けることになりました。

開業に必要な資金の総額から、融資で借り入れできるであろう額、どのエリア・業態で店舗展開すべきなど事前に打ち合わせ。

プライベートな事情含めて、最良と思われるタイミングで起業することができました
事前準備が整っていたせいか、開業後も営業は順調。
早くも2店舗目オープンの話が出ています。

相談内容2:ずぶの素人でも分かるよう一から経理を教えてほしいです。

(歯科技工所 専務 S.K様 40代)
ずっと営業畑だったため、経理などの事務作業が苦手です。
独立を機に、数字に強くならなくてはいけないと思い、簿記の勉強を始めましたがはかどらず。
こんな私でも分かるよう、一から丁寧に教えてくれる人を探しています。

解決策:お客様が納得できるまで、何度も丁寧に説明します。

数字が苦手という相談者のために、資料整理の仕方、会計ソフトの使い方、月次決算書類の読み方など懇切丁寧に指導しました

税理士業においても、お客様とのコミュニケーションは大事。
良好な関係を築くためにも、お客様のレベルに合わせた指導を心がけています。

相談内容3:経理担当者が急きょ退職しててんやわんやです。

(システム開発会社経営 N.K様 40代)
経理担当者が急きょ退職することになり、現在、大変な状況に陥っています。
小さい会社のため、信用できる人材を探すのにも一苦労。
このような事態を防ぐためにも、会計のアウトソーシングを検討しています。

解決策:記帳や給与計算などまるごとお任せください。

信頼していた経理担当者が突如退職することになり、対処に大わらわだった相談者。
このような事態を二度と発生させないため、東京税経センターに、会計業務をアウトソーシングしていただくことになりました。

会計アウトソーシングでは、担当スタッフが
・記帳
・給与計算
・決算書作成
などを代行。

アウトソーシング後は不測の事態に見舞われないのはもちろん、「専門家のバックアップがあるので心強い」との言葉もいただいております。

相談内容4:経営者としてのコンサルティングを求めています。

(飲食店経営 Y.N様 60代)
退職を機に、念願だったカフェをオープンすることになりました。
とはいえ、今まで経営とは無関係の部署で働いていたため、運営が成り立つか不安です。
規模拡大などは考えていませんが、老後の蓄えが尽きるといった事態だけは避けたいです。

解決策:経営者としてお店の未来を見据えた上で最適なアドバイスを提供します。

長年の夢だったカフェ開業に胸を躍らせていた相談者。
同時に、初めての店舗運営に不安を隠せないようでした。

相談者の夢実現のためにも、まずは経営者としての在り方を説明。
おすすめの経営書などを数冊推薦し、ご自身で勉強していただきました。

その後は、カフェオープンのための融資を受けるため、事業計画書の策定を支援しました。
「こうしたい」「ああしたい」という夢や希望に関しては饒舌な相談者でしたが、実際にかかる費用、集客方法、売り上げ予測などの話になると及び腰に。
事業に対して前向きなのはもちろん良いですが、他社事例なども踏まえて、現実的な内容を話させていただいた上で、改めて何が必要か一緒に検討していきました

相談内容5:期限までに税金を申告できるようにしたいです。

(特殊金属加工業 S.T様 50代)
現在、自社で対応していますが、決算期直前にならないと税額が分からないだけでなく、申告額が間違っており、不要な延滞税まで支払うハメになりました。
このような事態を防ぐためにも、しっかりした税理士法人に依頼したいです。

解決策:毎月決算書類を作成することで、延滞税の支払い防止に努めます。

自社で対応していたときは、決算月が過ぎてから大慌てで書類を整理し、申告。
数字が間違っていて、延滞税を支払うこともしばしばだったという相談者。
そのような状況を改善するため、経理関連はお任せいただくことになりました。

アウトソーシング後は、毎月決算書を作成することで、決算月の前でも大体の納税額を把握できるように
また売り上げや利益、コストなども正確に知ることができるようになったため、経営判断もよりスムーズになりました。

相談内容6:現在の書類様式が見づらいので一変したいです。

(運送業 R.N様 50代)
昔から変わらぬフォーマットで試算表などさまざまな書類を作成していますが、何か見にくいです。
ほしい数字がパッと出て来なかったり、数字を見ても現状をうまくイメージできなかったり。
このあたりのコンサルティングをしてもらうことはできますか?

解決策:書類様式含めお客様にとって最適な運用方法を助言します。

書類様式を中心に経理の仕方など、業務の在り方全体にムダを覚えていた相談者。
そんな会社の業務フローを見直すべく、まずは業務手順についてヒアリング。
問題の書類も拝見しました。

そこからは東京税経センターのスタッフの知識を結集して、最適と思われる業務フローを提案
業務のムダをなく効率的にすることで、時間が生まれ、新しい構想を練られるようになりました。

東京税経センターでは、皆さまの会計・税務に関する悩みを解消します!

東京税経センターでは、経理はもちろん、経営アドバイス・節税・資金調達・起業サポート・相続・M&A(企業買収)・事業承継など財務に関するさまざまな相談を受け付けています。
「経理担当者がいない」「起業したいけど方法が分からない」などお悩み・要望がある方は、ぜひご連絡ください。お金のプロがあなたの課題を解決します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.