北区にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 北区で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

北区で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

東京税経センターの税理士さんは、本当に会社の役に立ってくれるの? その評判は?
実際に、税理士サービスをご利用いただいたお客様の相談事例をお届けします。

相談内容1:月次決算をしてもらいたいです。

(機械部品製造業 専務 O.N様 50代)
社内体制刷新を機に、税理士変更を考えています。
いままで、決算前に決算書を作成・提出してもらうだけだったので、次は月次決算を行い、毎月経営計画を見直し、事業の安定性を図りたいです。
弊社のこのようなプランを実現してくれる、税理士事務所を探しています。

解決策:顧問契約では、月次決算を行っています。

月次決算を希望していたため、相談者とは顧問契約を結びました。

顧問契約では、月次決算書を作成し、毎月の訪問時に、書類の数字を基に現状確認、課題分析、目標立案などを行っていきます。
数字は会社の現状を、何よりも雄弁に語ってくれます
また社内の人間だけでは見つけにくい経営課題も第三者が加わることで比較的早く発見することができます。

相談内容2:個人事業者からの法人化を考えています。

(建築業 Y.R様 30代)
個人事業からの法人化を考えています。
会社を設立するのは初めてなので、登記書類の作成から代行・サポートしてくれる人を探しています。
その後も、経営を安定化させるため、継続的なサポートを受けられるとベストです。

解決策:個人事業者の法人化を支援しています。

法人化を検討しているということで、相談者に対して、法人化する理由、法人化後の事業計画、現在の事業の経営状況などをヒアリングさせていただきました。
お話をうかがった上で、法人化したほうがいいと東京税経センターでも判断し、支援を決定しました。

東京税経センターでは、ただ「法人化したい!」という事業者のために書類の作成・提出を代行するだけでなく、法人化後も成功できるよう事前のヒアリングを重視
その上で、どのような会社形態、事業運営、資本金額などが適切かをアドバイスして、設立だけでなく、その後の継続的な運用まで支援していきます。

相談内容3:連絡が取りやすい税理士さんに変更したいです。

(旅館業 C.Y様 50代)
現在の税理士さんは連絡が遅く、メールをしても1週間くらい返事がないこともしばしば……。
顧問料をお支払いしているのに、満足できるサービスを受けられなくて、いらだつことも多いです。

今期限りで契約を終了して、来期からはスピーディーに連絡が取り合える、信頼できる税理士さんに変更したいと思っています。

解決策:どんな連絡事項も、24時間以内に返信・応答いたします。

「税理士の対応スピードが遅い」
というのはよくある税理士に対する不満です。
不満を解消するため、東京税経センターでは、原則24時間以内に何かしらの対応をさせていただいております

相談者も、税理士を変更してから「レスポンスが早くなって、どんなことも気軽に相談できるようになった。経理に業務に関する不満がなくなり、ストレスも解消された」と大変喜んでいます。

相談内容4:本業に専念したいため、経理関連は丸投げできると助かります。

(不動産業 A.D様 40代)
本業が忙しいため、決算書作成・提出、記帳代行を含め、経理関連は何でもお任せできるプランがあると助かります。
事業が軌道に乗ったら、経理担当者を雇うという手もありますが、いまはまだそこまで行くのは難しいのが現状です。

解決策:決算書作成、記帳代行含め、経理全般まるごとお任せください。

個人事業や零細企業の場合、少人数で業務を行っているため、経理まで手が回らないことがあります。
そのため、新たなスタッフを雇うぐらいの感覚で、経理業務をお任せいただければと思います。

相談者のケースも、記帳や決算書作成を代行していますが、毎月の定期訪問で決算書内容や数字の意味について説明していますので、お客様も中味を理解することができるようになります。

ちまたでは、記帳や書類作成を丸投げしていたら「担当税理士がミスしていた」「作業を怠っていた」などのトラブルも発生しているようですが、東京税経センターでは毎月の定期訪問で相互チェックを行っていますので、そのような事態は発生しません
そのため、安心してお任せいただけます。

相談内容5:決算書類を作成してもらっても、意味が理解できません。

(ガソリンスタンド経営 N.Y様 40代)
現在の税理士さんも、月次決算をしてくれるのですが、決算書類をメールで送付するだけなので、見ても内容が理解できません。
意味が分からないから、いまはファイルもほとんど開きません。
一応、利益や売り上げなど分かるところだけ見て、推移を確認するだけです。

そのような話を知り合いの経営者にしたら、「経営者が決算書の中味を把握できないなんて言語道断!」と叱られてしまいました。
現状を打破するためにも、素人でも理解できるよう、優しく決算書について教えてくれる先生を探しています。

解決策:定期訪問では、数字の読み方まで指導します。

相談者とはすぐ顧問契約を結び、毎月の定期訪問のたび、数字の読み方や決算書の内容が理解できるよう指導していきました。
現在は、相談者から私たちに対して、積極的に質問することもしばしば。
内容を理解できるようになり、会社の経営分析もいまではご自身でできるようになりました
決算書は、会社の経営状況を正しく映す鏡。
経営者の感覚だけでは把握できない、細部の状況も、正確に教えてくれます。

相談内容6:税務だけでなく、経営や売り上げアップ支援まで求めています。

(楽器販売業経営 O.K様 20代)
創業に伴い、税理士さんを探しています。
インターネットの情報を見る限り、いまや税理士さんが経営アドバイスや売り上げアップの支援をすることは当たり前の時代だそうです。
同じ顧問料を支払うならば、そのようなサービスも受けたいです。
東京税経センターでは、経営アドバイスなどはできますか?

解決策:起業サポート、創業支援、経営アドバイスは得意分野です。

決算書作成・提出、相続、事業承継などさまざまなサービスを提供できますが、その中でも起業サポート、経営支援などは東京税経センターの得意ジャンル。いままでも数々のベンチャー企業などの経営支援を行ってきました。

相談者に対しても、数字の動きをレポートし、今後の経営に活かせるアドバイスを毎月提供。
「現在の数字を基に、今後の会社にとって必要なことは何か」「過去・現在・未来を見通した上で、いまできていること、不足していることは何か」などを分析し、情報提供いたします。

東京税経センターでは、皆さまのあらゆる悩みを受け付けています!

東京税経センターでは、税務・会計はもちろん、経営・節税・資金調達・起業サポート・相続・M&A(企業買収)・事業承継など事業に関わるあらゆる相談を受け付けています。
「起業だけでなく、経営サポートも受けたい」「24時間以内にレスポンスが来る税理士がいい」など悩み・要望がある人は、ぜひご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.