柏にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 柏で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

柏で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

柏で税理士サービスをご利用された方からいただいた声や、相談事例をご紹介いたします。
柏にお住まい・お勤めで、税務や会計にお困りの方は、ぜひこちらのページをご参考にしてください。

相談内容1:どんぶり勘定から抜け出したいです。

(塾経営 Y.Y様 40代)
自社で帳簿付けを行っていますが、本当にこれで良いのか確信が持てないまま数年が経過しています。
まるごと委託すれば良いのでしょうが、経費もかかりますし、できる限りのことは自分たちでやりたいです。
わがままな要望ですが叶えてもらうことはできますか?

解決策:役割分担を徹底することで、貴社の要望を叶えます。

どんぶり勘定から脱出したいけど、まるごとアウトソーシングはNGということでしたので、東京税経センターと相談者でどこまで担当するか、役割分担をはっきりさせることにしました。

相談者には記帳をしていただき、それが合っているか、東京税経センターで毎月チェック
記入ミスがあったときは、どうすればいいのか、修正方法をお伝えします。

これを繰り返していくうちに、正確に記帳できるようになっただけでなく、段々記帳内容に関しても理解できるように。
「決算書が正確になり、ムダな税金などもなくなりうれしい」と喜ばれています。

相談内容2:法人化したいので、色々な人を紹介してもらえませんか。

(建設業経営 M.Y様 40代)
数年同業種で経営を続けており、現在、法人化を検討しています。
しかし、税理士さんだけでなく、社労士、司法書士などとにかく人脈が少なく……。
一軒一軒探すのが大変です。
できれば税理士さんにお願いすると同時に、他の人たちも紹介してもらえると助かります。

解決策:社労士、司法書士など専門家のネットワークをご紹介します。

法人化に伴い、さまざまな人材を紹介してほしいという相談者。
東京税経グループには社労士事務所、行政書士事務所などがあり、弁護士、司法書士、公認会計士などさまざまな専門家とのネットワークも構築していることを伝えました。

もちろん、これらの専門家の紹介は無料
仲介料を取るようなことはありません。

会計や税務だけでなく、法律や労務などにもお悩みの方のためにワンストップでのサービスを提供しています。

相談内容3:売上や利益に関する相談をするのが苦手です。

(IT会社経営 S.H様 20代)
個人事業でスタートし、1年後に法人化。
その後も順調に事業を拡大してきました。
しかし、ここに来て始めてといっていいほど大きな壁にぶち当たっています。
でも、生来の勝ち気な気質のせいか、プライドが邪魔して、数字を交えての相談ができません。
税理士さんにはすべて公開することになるので、唯一の相談相手だと思っています。
その想いを胸に、弊社とともに事業拡大の道のりを歩んでくれる人を探しています。

解決策:ナイーブな問題も含めて、会社経営に必要な事柄を指摘します。

自社の数字について他者に公開するのはイヤだ……。
もちろん、業績が良いときはかまいませんが、悪いときは勇気が要りますよね。

そのような事情があったため、相談者とも最初はちょっとコミュニケーションを取るのに苦労しました。
会話は続くのだけど、何だか表面的なような……。

しかし、財務諸表を拝見したら、一目で会社の状況は分かります
決算書類を分析させていただき、「こうすればどうですか?」と提案してから、相談者の顔つきが変わりました。

東京税経センターの提案を快諾してくださり、そこから実行のための、試行錯誤が始まりました。
壁が高かった分、暗中模索の時期も長かったですが、今はだいぶ業績も回復してきました。
当時のことを思い出し、「あのときは思ってもいなかった提案をしてもらい本当に感謝しています」とお礼の言葉を述べていただいたときは、私どもも本当にうれしかったです。

相談内容4:もっと税理士さんにたくさん相談したいです。

(ウェブサイト制作会社経営 S.S様 30代)
現在の税理士さんは、決算期に年に1度会うだけ。
コミュニケーションもとりづらく、とてもじゃないですが、経営相談なんてできません。
周囲には税理士さんと二人三脚で歩んでいる社長さんもいます。
彼らのような税理士と良好な関係を築けている人たちがうらやましいです。

解決策:毎月の定期訪問で強い信頼関係を結んでいきましょう。

税理士の仕事が成功するか否かは、お客様とのコミュニケーションにかかっているといっても過言ではありません。
相談者とも、顧問契約を結び、毎月定期訪問をするようになりました。

そこから、財務諸表を中心に会社の現状や今後の展望について語り合い、確固たる信頼関係を確立。
税務・会計のこと以外でも、ちょっとした疑問が生じるとすぐさま連絡をいただいております

今では「困ったときの税理士さん」というのが会社の合い言葉になっているらしく、それぐらい信頼してもらえたことに感謝しています。

相談内容5:税理士さんというと、ただの申告屋というイメージです。

(デザイン会社経営 N.K様 40代)
現在の税理士さんはひと言で言うと「申告屋」。
必要書類を送付すれば、確実に申告してもらえますが、それ以下でも以上でもありませんでした。
しかし、せっかく会社の財務という機密情報を公開しているのですから、もっと改善点や目標設定などに協力してもらいたいもの。
申告屋ではない税理士さんを見つけることはできますか?

解決策:東京税経センターの税理士はただの「申告屋」ではありません。

税理士さんというと「ただ申告を代行するだけ」という印象を持たれる方もいますが、現代の税理士は、経営や目標設定などに関与するのは当たり前。
企業のホームドクターといっても過言ではありません。

相談者に対しても、財務諸表を分析して、アドバイスを伝えたところ「税理士さんって、そんなことができるんだ!」と驚かれました。

他にも、融資や補助金などの情報についてもお教えしたところ、「今度もっと詳しく聞かせて」とその場で契約してもらえることになりました。

相談内容6:跡継ぎのことで悩んでいます。

(福祉用具販売会社経営 N.K様 60代)
子どもがいないため、事業継承について悩んでいます。
右腕となる有能な人材を育成してきましたが、諸事情により、急きょ跡継ぎになってもらうことができなくなりました。
突然のことで途方に暮れています。
年齢も年齢ですし、年々体力の衰えも感じています。
会社を存続させるためにも、ぜひこの問題を解決してもらいたいです。

解決策:事業継承コンサルティングも承っています。

まずは相談者にどのような人材に事業を継承してもらいたいのか、ヒアリングを行いました。
それから社内事情について詳しく話してもらい、解決策を論じています。

事業継承はただ単に株式の移転が行われるだけではありません。
社風や企業理念などをしっかり引き継いでもらうためにも、バランスの取れた事業継承プログラムを提案しています

東京税経センターでは、皆さまの税金・財務に関する疑問を解決します!

東京税経センターでは、企業会計だけでなく、経営・節税・相続・資金調達・事業承継・M&A(企業買収)など企業経営をする上で発生する多くの悩みを解消しています。
「融資が下りなくて困っている」「経営アドバイスできる税理士を探している」などお悩み・要望がある人は、ぜひお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.