板橋区にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 板橋区で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

板橋区で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

東京税経センターの税理士さんは、本当に会社の役に立ってくれるの? その評判は?
実際に、税理士サービスをご利用いただいたお客様の相談事例をお届けします。

相談内容1:税務以外の情報も提供してくださる税理士事務所を探しています。

(ウェディング会社経営 N.K様 30代)
長年の夢だった会社設立を果たします。
せっかく創設した会社。永く続けるためにも、税理士選びにも力を入れています。
弊社で考えている税理士事務所の条件は3つ。
・弊社のパートナーとして、本気の経営サポートをしてくれる
・税理士事務所自体の経営が好調である
・税務以外の情報にも精通している
の3点です。すべてに当てはまる税理士事務所を探しています。

解決策:経営、法律、相続などあらゆる面での情報力に長けています。

相談者には、事務所まで足を運んでいただき、面談時に色々とお話しさせていただいた上で、契約していただきました。
特に最後の「税務以外の情報にも精通している」に関しては、メルマガなどでの情報提供や豊富な人脈が評価されたようです。
毎月の定期訪問の際も「鋭いアドバイスをいただけて助かっている」という声をいただいています。
まだまだこれからの会社さんなので、ともに目標達成に向けて、努力していきたいと思います。

相談内容2:人柄の良い税理士さんを探しています。

談内容2:人柄の良い税理士さんを探しています。
(イベント運営会社経営 I.Y様 30代)
会社設立に伴い、複数の税理士事務所を訪問しましたが、いまいちぴんときません。
事務所の雰囲気が暗かったり、訪れるたびに担当者が替わったり、料金説明があやふやだったりと、契約に進みたいと思えないのです。
東京税経センターさんはいかがでしょうか?
人柄が良くて、親切で、信頼が置ける方なら、今の所大丈夫なのですが……。

解決策:社員一同サービス業という意識を持って業務に取り組んでいます。

税理士事務所選びで大切にした方がいいのが「その事務所が、サービス業という意識を持って業務に取り組んでいるか」です。
中には、いまだ税務書類作成・提出さえしていれば良いという、役人体質的な事務所もあります。そんなところに依頼してしまったら、経営アドバイスを受けられないのはおろか、まともにレスポンスすら返ってこないと悩む羽目に陥ります。

東京税経センターでは、社員一同サービス業という意識下、業務に励んでいます。
そのため、お客様からの連絡に対しては、原則24時間以内に対応。
相談者からも、「レスポンスが早くて、信頼が置ける。ここに決めて良かった」という言葉をいただいております。

相談内容3:年齢が比較的若い税理士さんと契約したいです。

(店舗デザイン会社経営 S.Y様 30代)
若くして経営者になりましたので、できれば税理士さんも若手の方が良いなと思っています。
肩肘張らず、気軽に何でも相談できる関係が理想です。
高齢の税理士さんだと、何だか上から目線で話されそうでイヤなんです。
友達感覚で、長続きできる税理士さんを募集しています。

解決策:東京税経センターは、若手の多い税理士法人です。

平均年齢60歳以上といわれる税理士業界の中で、東京税経センターは比較的若手の多い税理士法人です。
クライアントも若い人が多く、ざっくばらんに会話することも多いです。

相談者とも、まず担当者や税理士が面談を実施。
相性が良いかをあらかじめ確認してもらい、契約していただきました。
契約後も、毎月の定期訪問時は、経営に関する真面目な会議であるにもかかわらず、笑い声が絶えなかったり、「今月も楽しかった」とおっしゃっていただけたりすることがほとんどです。

相談内容4:1週間で法人を設立することは可能ですか?

(アプリ開発会社 Y.K様 30代)
フリーランスとして活動していましたが、急遽、クライアントの都合で法人化することになりました。
残された期間は1週間!
私は会社設立の知識など何もないど素人ですが、起業サポートをお願いすることはできますか?

解決策:状況によっては、急ピッチでの会社設立も可能です。

相談者の場合、事前ヒアリングを行わせていただき、現在の仕事での売り上げはしっかり立っているか、今後の事業計画はどうなっているかなどを確認させていただいた上で、問題なさそうだったため、急ピッチで設立準備を進めていきました。
翌日には提携パートナーの司法書士に声をかけて、定款を作成、公証役場へ。
その後も、1~2日ほどで必要書類をすべてそろえ、役所に提出しました

会社設立後も、税務顧問として運営に携わっています。
相談者からは「あのとき、東京税経センターさんに出会っていなければ、いまのクライアントともこのような関係を築けていなかった」という言葉をいただいております。

相談内容5:経営者として財務諸表の内容ぐらいは理解できるようになりたいです。

(飲食業経営 I.K様 30代)
飲食店を開業します。
日々の業務が忙しいので、経理作業を自分でこなすわけにはいきませんが、経営者として財務諸表の読み方ぐらいは理解できるようになりたいです。
経理作業は代行してくれて、でも決算書の読み方は教えてくれる。
そんな税理士さんを探しています。

解決策:定期訪問時には、財務諸表の読み方などを懇切丁寧に指導します。

記帳などの細かい作業はできないけど、財務諸表などの中味は把握しておきたい。
経営者として立派な心構えですね。

相談者とは、さっそく顧問契約を結び、毎月の定期訪問の際は、月次決算を基に決算書類の読み方を指導しました
最初は数字の羅列に頭を抱えていた相談者も、数カ月もしたら、慣れてきたようです。
最近は、分からない事柄は自分から積極的に質問し、経営分析もどんどん鋭くなっていっています。

相談内容6:IT用語が通じる税理士さんはいませんか?

(WEBシステム開発会社経営 Y.R様 40代)
ITの会社を経営しています。
以前、知人が紹介してくれたのは、白髪のおじいちゃん税理士。
人柄は良かったのですが、何せITについて詳しくないので、いちいち用語の説明からしなくてはならない。
それが面倒で、契約には至りませんでした。
できれば業務をスムーズにするためにも、IT用語が通じる税理士さんが良いです。
その上、レスポンスも早いとなお良しです。

解決策:ITに強い税理士を取りそろえています。

担当税理士が高齢で、ITが使いこなせないというのはよく聞く話です。
ましてやIT企業の方でしたら、IT用語を使用する機会も多く、いらだつことも増えるでしょう。

IT企業の代表ということで、相談者には、ITに強い税理士を紹介
数分の話し合いで、すっかり打ち解けたようで、その日中に契約を交わしてくださりました。

その後も特に何の問題もなく、クレームが入ることもなく、良いお付き合いをさせていただいております。

東京税経センターでは、皆さまのお金に関する問題を解決します!

東京税経センターでは、税務・会計はもちろん、経営・相続・事業承継・資金調達・節税・税務調査対応、企業買収(M&A)など経営者、個人関わらず、多くの疑問に回答しています。またITサポートや歯科医専門サポート、など特化型事業も充実。お客様の悩みを幅広いジャンルで解決していきます。
「信頼できる税理士を探している」「若い活気のある税理士法人に依頼したい」などお悩み・要望がある人は、ぜひお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.