船橋にお住まい・お勤めの方で税理士サービスを利用された方の事例をご紹介

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > お客様のご相談事例 > 船橋で税理士サービスをご利用いただいたご相談事例

船橋で税理士サービスを利用されたお客様の相談事例

東京税経センターの税理士さんは、本当に会社の役に立ってくれるの? その評判は?
実際に、税理士サービスを利用されたお客様の相談事例をお届けします。

相談内容1: 細かな数字のずれをなんとかしたいです。

(映像制作会社経営 M.K様 30代)
弊社で現在、契約している税理士さんですが、時々細かい数字のずれが発生しています。
こちらが質問しても、担当の方は右往左往するばかり。
まだ大きな問題には至っていませんが、これから何かトラブルが発生するのではないかと心配しています。
このような悩みを解決してもらうには、どうすれば良いでしょうか?

解決策:毎月、記帳内容をお客様と一緒にチェック。細かい数字のずれも見逃しません。

細かい数字のずれが発生する、というのは自分で会計をしている会社さんによくあること。
その過失を無くすために、税理士に依頼しているはずなのに、本職である方に同じミスをされたら信用を失ってしまいますよね。
東京税経センターでは、相談者の記帳内容を毎月、担当者が細かくチェック。
顧問契約していただいているお客様の場合、月次ミーティングも行っているので、たとえミスがあったとしても早い段階で発見することができます。
その結果、決算期の処理もスムーズに行えます。

相談内容2:業務効率化や資金繰りの面でのアドバイスもいただきたいです。

(レンタル、リース業取締役 F.Y様 50代)
父の会社を手伝うことを決め、経営に携わることになりました。
会計・税務に関しても素人ですが、できればそれだけでなく、業務効率化や資金繰りなど経営面でのアドバイスもいただきたいです。
せっかく父が1代でここまで大きくしてくれた会社。
自分の代で、みすみす倒産させるわけにはいきません。

解決策:初めて経営に携わる方にも分かるよう、かみ砕いてご説明します。

解決策:初めて経営に携わる方にも分かるよう、かみ砕いてご説明します。
今までは現場での対応がほとんどで、経営には初めて関わるということでしたので、最初に財務諸表や月次決算書の見方など、会計や税務の基本についてレクチャーさせていただきました。
経営そのものが理解できていなかった相談者も、経営の基礎が分かり始めてくると同時に、数字の意味や内容も読み解けるようになってきました。
最近は、担当者が訪問する前に、ご自身で予習され、細かい内容を質問します。
「最初は何もかも意味不明で、数字も理解できなかった。最近は、数字を見ていると、経営者として次に何をすべきか、自分で考えられるようになり、仕事が楽しくなってきた」とお話されています。

相談内容3:開業当初から、税理士さんに依頼すべきか悩んでいます。

(美容室勤務 U.H様 20代)
独立して、自分のお店をオープンしようと思っています。
そのとき、最初から税理士さんに頼むべきか、事業が軌道に乗ってから依頼すべきか、迷っています。

まだ売り上げ予測もつかないし、何かと物入りです。
削れる部分は、できる限り削りたいのですが、もともと数字関係には弱く、苦手分野はプロに依頼して、本業に集中したほうがいいのではという気もしています。

■解決策:費用を抑えたいなら、決算書作成だけの依頼も可能です。

開業準備中だった相談者。
最初は、費用を出せないとの話でしたので、決算書作成のみの依頼でしたが、開業から1年後、事業が軌道に乗り、もっと本業に集中したいという話が出てきましたので、顧問契約を結び、記帳も東京税経センターで行うことになりました。

顧問契約締結後は、毎月の定期面談にて、助成金や労務関係など、税務や会計に直接関係のない事柄でも、相談に乗らせていただきました。

その結果、現在、スタッフの人数は半分以上に増え、売り上げも順調に伸びています。

相談内容4:資金繰りに困っています。融資の相談をしたいです。

(小売業経営 K.A様 40代) 事業拡大のため、融資の検討をしています。
しかし、どこからどのくらい借り入れすることができるのか、全く見当が付きません。
事業計画書や面談の仕方もよく分からず、親身に相談に乗ってくれる税理士さんを探しています。

■解決策:東京税経センターは、融資実行率97.2%(平成26年10月末実績)の税理士法人です。

資金繰りにお悩みの相談者のために、資金調達の可能性が高い金融機関を紹介させていただきました。
ただ担当者を紹介するだけでなく、相談者の事業計画を丹念にヒアリングした上で、事業計画書の作成を支援。
自分一人では何を書けばいいか分からず、ずっと筆が止まっていた相談者も、担当者の質問に答えていくうちに、段々本当に自分がやりたいこと、成し遂げたいことなどの目標を明確にすることができました。

事業計画書の作成が終了したあとは、ヒアリングの練習。
最初は模擬面接でも緊張して、うまく話せなかった相談者ですが、練習を重ねるごとにスキルアップし、本番でも練習通りよどみなく話せました。

結果、無事、満額の融資を受けられることに。
相談者からは「これも東京税経センターさんのおかげ。本当にありがとうございました」というお褒めの言葉をいただいております。

相談内容5:開業準備を手伝ってもらいたいです。

(飲食店経営 K.T様 40代) 起業を検討しています。
初めての会社設立なので、誰かにサポートしてもらいながら、確実に事業を成功へと導いていきたいです。

創業融資の利用も考えています。
起業をトータルで支援してくれる税理士さんを探しています。

■解決策:資金調達含め、起業サポートは得意分野です。

東京税経センターは、創業以来、起業・開業を検討中の方や創業間もないベンチャー企業向けに、税務、会計、労務面のサポートを一貫して行い続けてきました。

相談者に対しても、まずは事業の目的、今後の売り上げ施策などについてヒアリング。
創業融資も希望されていたので、事業計画の作成や面接の練習なども行いました。

起業前、まだサラリーマンだったため、主な打ち合わせは土日や夜7時以降となりましたが、仕事帰りでへとへとのはずの相談者が、目を輝かせて事業について語られる姿を見て、私たちも元気をもらいました。

相談者の努力の甲斐あって、融資は日本政策金融公庫から希望通りの金額を受け取ることができました。

十分な設備投資などができた結果、事業も当初の計画通り順風満帆に進んでいます。

相談内容6:歯科専門の税理士さんに依頼したいです。

(歯科医院経営 Y.I様 40代) 歯科医院を経営しています。
今の税理士さんは、お金に関してはプロですが、業界用語が通じず歯がゆいときが多いです。 会話がスムーズにいかないというか……。

本業以外の煩わしさから解放されたくて依頼しているのに、別のストレスにさいなまれています。

できればもっと話しやすい税理士さんに変更したいです。

■解決策:歯科専門の税務サポートも行っています。

東京税経センターが「歯科に強い!」という噂を聞きつけて、事務所を訪れた相談者。
歯科専門の税理士を紹介したところ、最初の30分程度の面談で、「話が通じやすい!」と喜ばれ、契約の旨を交わしました。

それからも歯科ならではの悩みに迅速に答えてもらえると、喜びの声を度々いただいております。

東京税経センターでは、皆さまのお金に関する悩みを解決します!

東京税経センターでは、税務・会計はもちろん、経営・相続・事業承継・資金調達・節税・税務調査対応など経営をする上で発生する多くの問題を解決しています。
「新規開業したい」「経営面でのサポートも受けたい」など税務や経営、相続に関するお悩みがある方は、お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.