顧問税理士は選び方によって経営にも関わってきます。失敗しない選び方とは?

見れば得するお金の話 お金の問題をスッキリ解消

税務相談の窓 > お金のお悩み相談室 > 税理士の顧問契約について > 税理士の選び方|顧問税理士選びで失敗しないための知識

顧問税理士の選び方が知りたい!

顧問税理士は、社長、社員、クライアント同様にあなたの会社を支える屋台骨になるべき人物です。
ここの選び方を間違ってしまうと、会社の存続にも関わることになります。
ここでは、失敗しない顧問税理士の選び方について紹介します。

こんな顧問税理士を選ぶべき!〜対応編〜

顧問税理士の選び方:顧客目線に立てる税理士が一番

税理士も、サービスでやっているわけではなく、ビジネスで顧問税理士になるわけですから、料金によって仕事内容のクオリティーは違います。
そこは同じビジネスパーソンとしてシビアに考えてください。
しかし、税理士の中には規制を守る古い考えを持っている税理士(もちろんそれも大事なことです)もいれば、より良いサービス、顧客目線に立ってフランクに動いてくれる弁護士もいます。
税理士と出会ったときに、偉そうな態度をとっていないか、サービスを向上させていくという気持ちは見受けられるか、料金に対して適切な説明はあるのかなど、この税理士とビジネスパートナーとしてやっていけるかという判断をしてください。
料金が安いからとか、紹介されたからとかで簡単に決めるのは危険です。

顧問税理士の選び方:価格に対して明瞭な対応ができる

口約束などで顧問料を決めてしまうような税理士はやめておきましょう。
料金表を提示してもらい、どんなサービスがいくらになるのか、はっきりと説明してもらうのが一番です。

顧問税理士の選び方:レスポンスの早い税理士が良い

やはり仕事でもなんでもレスポンスの遅いと不満としてストレスが残ります。
質問したのに返ってこないなんて最悪です。忙しくても、「後日連絡します」や、「その件については会ってお話ししましょう」など、未来の約束をしてくれる税理士が良いでしょう。

こんな顧問税理士を選ぶべき!〜節税編〜

顧問税理士の選び方:節税をしっかりしてくれる

税理士によっては、節税に協力的な税理士とそうでない税理士がいます。
残念ながらほとんどの税理士が節税に協力的ではありません。
厳密に言えば、節税は税理士の仕事ではありません。
しかも法律の中で適切な納税をすることが良しとされています。
そのため税理士によってどの程度が適切な納税なのか……という判断基準が違うのです。
やはりしっかりしている税理士は納税をすることが大切であるという持論をもっている人が多いです。
反対にフランクな税理士(もちろん仕事もしっかりしてくれる)であれば、節税を促してくれます。
完璧に仕事にプラスアルファーの仕事をしてくれる税理士を選びたいものですよね。
節税をしてくれる弁護士を選ぶには、どのような節税方法があるのか聞いてみると良いでしょう。
漠然とした答えしか返ってこない場合は期待しない方が適切です。

こんな顧問税理士を選ぶべき!〜対策編〜

顧問税理士の選び方:役員報酬のシュミレーションをしてくれる

会社を設立したら決めなければならないのが役員報酬。社長などの報酬です。
これは税金にも関わることなので決めておかなければなりません。
役員報酬は高すぎると個人として支払う所得税が高くなりますし、会社の利益が多くても法人税がかかるので非常に厄介です。
税理士によっては、利益の計画書を確認しながら法人の利益と役員報酬はどれくらいにするのが適切か(税額が最も少なくなるラインはどこなのか)を考えてくれます。

顧問税理士の選び方:決算対策をしてくれる

決算に関してしっかり打ち合わせをして、完璧な決算書を作成してくれるのかは事前に聞いておきましょう。
決算直前であわてる税理士もいますので注意してください。

顧問税理士と面談をする際はココを見よう!

税理士と顧問契約をする際の注意点

良い税理士と出会うためにも、何人かの税理士と会ってこの人だと思える人を選ぶ必要があります。
下記に、こういう税理士を選んだ方が良いというものをまとめましたので、そちらを参考に選定してみてください。

税理士の外見を確認する

スーツがよれよれだったり、立ち振る舞いがだらしないのであれば、会っている時間が無駄です。
ファーストコンタクトが大事だとわかっていない人にはサービス業としてやっていこうという意識があるとは思えません。
すぐに別の人を選びましょう。

節税について聞いてみる

上述したように、節税に関するプレゼン力を見られると同時に、税理士が自分の業種に関する経験をどれほど持っているのか知ることができます。
あやふやな回答ではなく、どういう節税があるのかしっかり提案してくれるとこちらとしても安心ですよね。

顧問税理士選びに失敗すると会社の存続にも関わる!

顧問税理士選びに失敗すると、経営にも関わってしまい悪循環です自社の顧問税理士にぴったりなのはどんな人物なのか、1人だけではなく、何人かと打ち合わせをして顧問税理士を決めていきましょう。

顧問税理士選びでお困りなら、地域実績No1の私どもにお任せください。
税理士と顧問契約をする必要性と良い税理士の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

© 税務相談の窓 All Rights Reserved.